日記・コラム・つぶやき

信仰の持つ思考停止の有用性について

宗教が必要とされた理由って、実はとても合理的だったのかもしれない。特に荒んだ時代、モラルの絶望的に低かった時代おいては。

最近事あるごとに炎上しているユーチューバーの狂気的な振る舞いを見ていると、心が荒んでくる。悪質クレーマーを目の前で見ているような嫌悪感で一杯になる。個人的にそういうヤカラが大嫌いだし、できれば世界から消えてほしい。しかし、ぼくに彼らを消去する筋合いなどないし、殺せば殺人でむしろぼくがお縄だし、そんなことはしないのだが、やはり大嫌いという感情を消し去ることは不可能だ。だから願うのだ「罰が当たれ」と。

ぼくは信仰心というのは、実際にはそういった文脈で機能していたのではないかと考えている。

つまり、救いようのない人間に心をとらわれていたら、それは自分のリソースを不毛に消費している意味で無駄だろう。そこで「悪いやつには天罰がくだる」と信じられれば途端にモヤモヤが軽減される。信仰心とは「思考停止」を逆に活用して心を開放する知恵だったのかもしれない。確かに信仰心が行き過ぎれば思考停止も極まるが、程よく活用すれば効果抜群の精神安定剤として機能しうる。

負の激情に心を囚われても良いことはひとつもない。大事なのはなぜそのような状況が起こったのか。問題があるとすればその本質へと至り、改善の方法を模索する。その全容からなにを把握し、学習し、自身の生活に役立てればよいのか。その意味で信仰心――少なくとも「悪いやつにはバチが当たる」は、有用な概念だとぼくは思う。


2017年2月10日追記

この記事を書いた後にこんな文化人類学的知見を見つけた。

未開社会には武器を伴わない戦争があります。それは、「スピリットウォー(呪詛(じゅそ)」と呼ばれる戦争です。彼らは身内の不幸や災厄は敵の呪詛によるものだと真剣に考えており、相手の髪の毛やたばこの吸い殻を呪詛する相手に見立てて、「作物が不作に終わるように」「壊滅するように」といった非常に生々しいことを祈ります。呪詛が日常的に行われ、それが原因で戦争に発展することもあります。

人類の争いの歴史とは – 早稲田ウィークリー

呪詛を原始社会における戦争と捉える方向性。なるほどと思った。「バチが当たる」だけじゃなく、それを更に集団で共有して解消してしまうと。引用元では、結果としては戦争へと至ってしまうわけだけど、とはいえやはり「バチが当たる」や「呪詛」のような精神的な緩衝材があることで、暴力や武力的な衝突が抑制されていた可能性を感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喫煙者たちはどこで道を踏み間違えたのか

禁煙ブームはヒステリックな嫌煙家のせいではない

個人的な嫌煙の理由は臭いからで、それ以上の御託を並べる気もサラサラないんだけど、ことここに至ってもなおヒステリックな嫌煙家たちのせいで嫌煙ブームになった、と揶揄する喫煙者が結構いて、それはあまりにも状況把握がなっていなので、ひとつだけ苦言を呈しておきたいと思う。

「自分はマナー守ってる」という無関心

自分はマナー守ってるんで。喫煙者にマナーの話をすると、決まってそう教えてくれるわけだけど、そのセリフに立ち上る無関心こそが嫌煙ブームを巻き起こした元凶であることになぜ気づかないのだろう。よく考えてほしいのだが、マナーの悪い喫煙者がいれば、当然のごとく喫煙者全体のイメージはぐんぐん下ってゆく。それは巡り巡ってあなたにのイメージにも大いに影響を与えるはずだ。

つまり、もし本当に喫煙できる世界を死守したいならば、喫煙者こそが率先してマナーの悪い喫煙者を断罪せねばならなかったのに、「自分はそういう人たちとは違うから」と斜に構え放置しつづけた挙句、これほど最悪な状況にまで落ちぶれたという自業自得の様相は、もっと理解したほうがよいのじゃないかと思う。

端的に言えば、目的意識の致命的な欠如。これに尽きる。

確かに現状を考えてみれば、大いに同情できるところもないことはない。さはさりながらだ。それ以上に社会モラルに非協力的なまま、自業自得を完遂させた救いようのない集団=喫煙者というのが最終的な感想になってしまう。

喫煙者の二の舞いが至る所に散見される

これと同じような状況は枚挙に暇がない。例えばいま都心部で暴走するピストバイクやママチャリ、自動車でもそれは起きつつある。あのへんも「自分はマナーを守っている」といって外部からの評価に無頓着な人たちばかりだから、遅かれ早かれ同じ轍を踏むことになるだろう。

結局、「自分」の行動だけではなく「自分たち」の評価からぼくたちは逃れられない。集団として生きることを宿命づけられた存在だから当然なのだが、だからこそ、そのイメージに対する敏感さがどうしても必要になってくる。

日本人というブランド、テレビ局、朝日新聞、大阪人、なんでもそうだ。自分はやってないからといって、自分たちの振る舞いを放置するとどうなるのか。そういった巨視的な想像力を働かせる責務が、コミュニティで共に生きる同居人として存在しているのだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都構想のおかでIQが向上した

9年前に一度挑戦したIQテストにたまたま再度挑戦したら、数値がなぜか大幅に向上していた。113→130に。ネットの簡易テストだから数字自体は補正してもらうとしても、以前は解けなかったであろう問題が解けるようになったことは、共有に値する事実だろう。

つまりIQは向上するのだ。

iqtest2007-2016

以前IQテストした時の記事。

お兄ちゃん、お姉ちゃんはIQが高い|Petty MyRepo

10年前と今との大きな違いは知的好奇心の有無で、単純にはその影響なのだと思う。当時とはもう読書量が全く違うから。しかし、その中でも特に最大の関心事はなにかといえば、やはり政治の動向(とりわけ都構想の行方)であったから、ぼくはほとんど確信的にそれこそが正解率向上の決め手だったと思っている。橋下さん・維新の議員さん・政策づくりに携わった役人さん、みんなに感謝せねばならないね。

高度な知性は他者の思考力を誘発する効果さえあるのかもしれない。

都構想のような複雑極まる話を必死で理解しようと努めてきたその一連には、相当な学習効果があったのだろう。情報を受け取り、自らもそのソースへとあたり、さらに反対勢力の反論と突き合わせ、自分なりの結論を導き出す。結論の正誤以上に、そのプロセスこそが論理的思考力を研磨したのかもしれない。

以下がその簡易IQテストのURLです。いまは懐かしFlashコンテンツ。

IQtest.dk
http://iqtest.dk/main.swf

10年間ほとんど変化のない状態で公開されていて本当にありがたかった。お陰で自分の変化に気づくことができた。

問題の内容自体はバージョンアップしているのかもしれないけれど、基本的に論理的思考力の検査に向いた問題で統一されています。制限時間は40分。頭はやはり疲れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワクワクする政治って何だよバカかw←おまえがバカか

政治が動く時など大抵いつだってワクワクかハラハラかイライラしているんだから、消去法でだってワクワクがいいじゃないか。

政治家だったら、熟慮の末に導きだした小難しい論理を、希望の言葉に換言できなきゃしようがない。支持者を増やして、その上でしたたかに実現を目指す。それくらいできないでなにが政治家なんだ。

文句だけならデモでいい。法律作るだけなら官僚でいい。政治家に求められるのは何なんなのか。必死で考えてくれよ。下を向いているみんなをワクワクさせることだろう。困っている人、人知れず泣いている人に手を差し伸べることだろう。

そういうことができないから、不安を煽ったり、敵愾心を煽ったり、相手を落として自分を上に見せたり、そういう下らない勝負をするようになってしまうんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青木大和くんに期待すること

青木大和くん

ぼくはいまのような不安定な社会と形骸化した制度のもとでは、荒療治のような手段も必要なのかもしれないと思う。

現状、一般庶民が選挙時にできることはとてもすくない。希望の立候補者がいないと思えば、自分が立候補するか、希望の候補者を擁立しなければならない。しかし、それには少なからぬ資金が必要になるから、若者世代には容易なこととはいえない。

しかし、ネットはそれを変えられるかもしれない。限定的でしかない庶民の選択肢を、健全に拡張してくれる可能性を大いに秘めている。自分の意見を大勢に知らせることもできる。海外に向かって、日本の選挙制度の問題点を表明することもできる。もっともっと選挙に優位にはたらく試みだってあるかもしれない。

ぼくは大和くんを頭ごなしに非難する気にはならない。確かに特定の勢力と結びつき、プロパガンダを画策するようなことは断罪しなければならないけれども、ネットの可能性に挑戦するような試みは、どんどんやってほしいと思う。

今度はぜひとも、そういう前向きなヤツをお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛煙家はテロリストにさえなる覚悟があるか

もし愛煙家の方で、いまだに「たばこ規制枠組み条約(FCTC)」を知らない人がいるのだとしたら、今日から「愛煙家」を自称するのをやめるか、いますぐそれについて調べた方が良い。

<タバコの規制に関する世界保健機関枠組条約 http://www1.sumoto.gr.jp/shinryou/kituen/fctc.htm

端的に言えば、年々タバコ規制が厳しくなっている直接原因はこのFCTCにあり、これからさらに規制が強化されることはあっても、軽減することはほとんどあり得ません。(FCTCのマスターであるWHOは最近も「たばこ税を50%増やしたらどうか」などと提案していたりします。)

5月31日の世界禁煙デーを前に
たばこ税の50%引き上げでタバコを吸うヒトを減らせる。若い人と貧しい国でメリットが大きい http://d.hatena.ne.jp/uneyama/20140528#p5

世界的に見れば、タバコには「悪」のレッテルがべったり付けられているんですね。

つまり、そんな反タバコ世界の到来が確定的になっている現状で、「愛煙家」を自称する場合、自分が世界秩序を乱すテロリストになってでもタバコを愛するくらいの覚悟がなければならない。その認識がないのなら、せめて申し訳程度に吸うことをオススメします。

ぼくは決してたばこを吸うなといいたいわけじゃない。ただ、いままでのように「ただタバコが好き」では済まない世界になったことに、そろそろ本気で気づかないとやりようがなくなりますよと、非喫煙者として余計なお世話をしたいだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小保方さんよりプレスのカメラマンをどうにかしてくれ

小保方さんの記者会見を視聴して、気分が悪くなってしまった。要因は彼女ではない。プレスのカメラ。フラッシュとシャッターの嵐だ。ぼくはあれほど下品な状況はなかなかないのではないかと思う。本当にあのカメラマンたちが大嫌いだ。

仕事の関係上、ごくたまにスチールカメラマンをすることがある。ほとんど主催者側としてしか参加しないから、ぼく個人は概ね自由に撮影できるのだが、どのようなイベントの場にも彼らがいる。そして大概プレス用のエリアが限定されていて、そこに集められる。なぜかというと、制限しないとどこでも自由に動きまわるからだ。

これはもう断言するけれども、彼らのその振る舞いに品性の面影はない。そうだ。アレに似ている。バーゲンのおばちゃん。誰よりも先に獲物を獲得しようとただ目標だけに目を奪われているあの感じ。いまや創作の世界にしかいなくなった滑稽な場面……。まあ、誰よりも先にいい写真をとる。それを習慣づけられているのだろう。

繰り返しておくが、ぼくは彼らが大嫌いだ。

いまのカメラは性能が随分よくなっている。フラッシュなどたかなくてもそれなりに高精細の写真が撮れる。彼らにはその腕がないのだろうか。否。あり得ない。申し訳程度にカメラを扱うぼくにすらできる。しかし、プロフェッショナルな彼らはそうしない。相手に対する敬意や配慮などは二の次らしい。勘違いも甚だしい上から目線の傲慢さが透けて見えてくる。

それはぼくだけの戯言ではないらしく、実際、彼らは世界中で嫌われている。

こんな文句をたれ流すと、彼らは仕事だから仕方なくやっているのだと、そういう人もいるかも知れない。だとしたらなおさら呆れ返ってしまうのだ。

例えばエベレストに登れといわれたら、はいそうですかと登るだろうか。滑落して命を落としても誰にも責任はとれない。罪を犯せといわれれば罪を犯すのだろうか。死ねといわれれば死ぬのだろうか。自分の振る舞いは、自分以外に責任は追えないのだ。これは決して極論ではない。人間としてもっとも大事なものを手放した時点で、品格は消え去るのだから。

以上はただの非難である。他者と共生することを宿命付けられた人間のひとりとして、最大級の侮蔑である。異論は当然、認めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昼に見上げる空を星空とは言わない

昼に見上げる空を星空とは言わない。

暗闇の中でしか見つけられない光があることは、もっと理解されても良いだろう。日の当たる世界だけを生きようとする人に、満点の星空を見つけることは決して出来ない。

だからといって、日の当たらない世界だけに生きる人には、空の青さは分からないし、雲の多彩な表情や、大地の広大さも分からない。

どのような時にも美は存在している。

幸いなことに、僕たちは昼と夜とを交互に経験し、世界が対であるのだと無意識に刻みつける機会を与えられている。それに気づけるかどうかが、いわゆる幸福の一要素なのではないかと思ったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オレは悪くない。でもオレたちには原因がある。

例えば、飲食店が取材を断る理由の一つは「無作法な取材クルーへの嫌悪感」で、映画館にメンズデイが皆無なのは「レディースデイのように儲けが出ないから」だったりして、自分に原因がなくても、自分たちには原因があるってことは結構あるかもしれない。

この好例は日本人というブランドだろう。海外のホテルでの評価がかなり高い一方で、ブランド品を売りつける鴨としても有名だ。これは今までの日本人がどう振舞い評価されてきたかの証明であり、その影響をうけているのが僕らだ。

僕たちは常に何かに帰属し、その集団的な位置づけで(継続的な総評として)他者から判断されることが前提となった存在である。帰属する対象は、ある時は人種であり、ある時は性別であり、また居住区であり、あらゆるところに設定され一つに限定されない。

最小の帰属意識は自己であり、その意味で差別は無くなり得ないと言えるだろう。差別が無いということはつまり、自分(帰属社会)と他人(外部)の間に境界を設けることをしないということだからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尖閣のビデオを見て考えるべきこと。

尖閣のビデオで僕たち庶民が真っ先に考えるべきは、誰が流出させただの、政府の対応はどうだの、そんなことではなくて、日本の最前線で日々何が起こっているのかということだと思う。

あのような緊迫した状況が、今までもずーっと続いてきて、そしてこれからも続くと言うこと。僕たちが平和な日常を謳歌しているその時に、彼らはずーっと日本の国境を守っていた。自分を危険にさらして、しかも味方になってくれそうにない憲法の下で。

彼らや自衛官の覚悟とは、平和を願うために、本来僕たち全員が分けるべきものだ。

感謝して良い。もっと彼らに感謝し、そして考えなければいけない。平和とは、本当はどういうものなのか。この世界で平和を貫くために必要な覚悟とは何なのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧