芸能・アイドル

漢字が書けない人を嘲笑うのは時代錯誤

福士は12日放送の『ネプリーグ』(フジテレビ系)に出演し、漢字の「細心」が書けずに撃沈。ネット上では「福士くんバカだったのか」「もともと賢いイメージはない」と話題になってしまった。

新垣結衣以上に「バカ?」福士蒼汰の「不倫疑惑」「日本語力のなさ」がやばい......熱愛報道も影響で世間厳しめ | ギャンブルジャーナル | ビジネスジャーナル

こんなゴシップ記事をとりあげるのも気がひけるのだが、最近たびたび見かける「漢字が書けないだけでバカ認定」は、あまりにも時代錯誤が過ぎるので、その点について指摘してみたいと思う。こういった無理解で無駄に傷つく人が少しでも減ることを祈って。

漢字は「書く」ものから「変換する」ものに変わった

かつての時代なら、この事例は即バカ認定で問題はなかったかもしれない。ただし、いまはデジタル化してすでに20年が経つ。そして漢字は「書く」ものから「変換する」ものに変わった。だから、書けないからと言って読めない/意味を知らない/打ち込めないとは限らない。PCやスマホで文章をよく書く若い人ほど、必然的にその傾向は高まるだろう。

そうした現状にあって、果たして正確に漢字で書けなければならない正当な理由とはなんであろうか。少なくとも書けないからといってバカと言いきることは不可能だ。

では、漢字が書けない=学力がない、は正しいか?

それも正しくはない。確かに学力とは義務教育過程における履修の程度を一定以上包含するから、小学校で習っているはずの「細心」が書けないのを「問題だ」と認識することは可能だ。

しかし、時代が激変してしまった現状で学力とはそもそもなんであろうか。漢字を暗記しているということは暗記力があり、ゆえに学力があるという判断基準は確かにありえる。しかし、いまの時代に暗記力があるだけで果たして学力があると言いきれるだろうか。

いまや記憶能力や演算能力で人間はPCにまったく太刀打ちできなくなった。それはこの半世紀余りの急激な変化だ。いまはそのPCやデジタルの長所を使いこなし、問題を解決したり、新しいものを創造したり、自分の生活に役立てる基礎的な能力こそが、「学力」というのじゃないのだろうか。

福士くんはバカではない

福士くんにどの程度の学力があるのかをぼくは判断できないけれども、少なくとも現代的に再考した学力に則して考えれば、漢字が書けないだけでバカとはとても断定できない。

そもそも彼は俳優として自立し、実績を残している。少し考えてみれば分かるはずだが、セリフを覚えるのには一定以上の暗記力が必要だし、役になりきるためには一定以上の教養を持ち、新たな知見を学び取ろうとする能動的な好奇心がなければならない。しかも、役者は現状デジタルで代替不可能な職業であり、そこで個性を活かせている。その確固たる事実をまったく斟酌せず、ひとつふたつ漢字が書けないくらいで、彼をなぜゆえバカ認定できるのか、ぼくにはさっぱり理解できない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欅坂46のデビュー曲は「若者よ選挙に行け」というメッセージ

欅坂46 『サイレントマジョリティー』
https://www.youtube.com/watch?v=DeGkiItB9d8

次の参院選から、選挙年齢が「18歳以上」に引き下げられるのは周知のことだが、その直前にこの曲を発表した秋元康がおろしく、そして素晴らしい。

歌詞が民主的な社会を射抜きすぎている

YESでいいのか
サイレントマジョリティー

どこかの国の大統領が言っていた
声をあげない者たちは賛成していると
選べることが大事なんだ 人に任せるな
行動をしなければ NOと伝わらない

秋元康, 「欅坂46 - サイレントマジョリティー」

引用したのは政治用語「サイレントマジョリティー」の辞書にしてもよいくらいに民主政治の概念を言い当てている部分だが、詞の全体を通じて実に的確に民主政治の理想を表明している。それが若者を鼓舞する情動的な曲調と相まって、聞く者の心を奥底から揺さぶる。湧き上がる感情を抑えきれなくなってくる。

それは本来、自由な社会にとって何よりも必要とされる推進力であるにも関わらず、閉塞感漂う現代日本において最も忘れ去られているひとつだろう。

この曲は啓示だ。欅坂は預言者であり、神は秋元康。

秋元氏は、アイドルが本質的に持っている信仰的かつ明示的な性質を活用して、若年層を政治的に開眼させようとしている。少なくともこの曲についてなら、間違いないくそう言い切れる。人生を通じて自分らしく生きてきた秋元康自身を神として、アイドルを預言者に見立てて、今の世の中に欠如しつつある「若さ熱さ自由」を深く鋭く伝達しているのがわかる。

もしこの新曲に込められたメッセージを凡庸に換言するとこうなるだろう。

「若者よ、声を挙げないと、この社会はすぐにひとくくりにするぞ。大人の期待になど答えても、その見返りなどないぞ。生きたいように生きろ。自分を表明しろ。選挙もその機会のひとつだ」。

アイドルのデビュー曲なのに恋愛の要素ゼロ

そもそも、アイドルのデビュー曲にこれほど政治色の強い歌詞を持ってくるというのは本当に異色のことであるし、それほどまでに夏の参院選を重要なタイミングとして位置づけているのだとしたら、その危機感をぼくはとてもよく理解できる。

実は少子高齢化と言われているが、若者の有権者の数は全体から見ればそれほど小さいわけではない。何が問題かと言えば、選挙に行く若者が致命的に少ないことだ。

更に18歳に選挙年齢が引き下げられる次の参院選でさえ、もし若者の投票率が低いとなれば、若年層の民意は「文字通りのサイレントマジョリティー」と化してしまう危険性がある。正確に言えば、政治家が自分に投票してくれる人のために動こうとするのは極めて真っ当であって、ゆえに民主制の論理として、選挙にこない人間に気をつかうことはなくなってゆく。だからこそ、これほど若者にとって危機的なタイミングはないということになる。

貯金をくいつぶし未来に負債を押し付けつづける現代社会にNOを突きつけろ

待機児童や、子供への公的支出割合が悲劇的に少ないとか、そういう若者や子供たちへの未来の投資を怠って、貯金を食いつぶしつづけている政治状況を打開するには、やはり若者が選挙で存在感を示すことが不可欠となる。しかし相変わらずの低投票率であれば、政治家たちは「若者の声を聞こうとしたが、彼らは答えなかったんだ」というような言い訳を臆面もなく語れるようになってしまう。

それでいいのか。

秋元康は欅坂46を使ってそう訴えかけている。

最後に

実際に秋元康が危機感を抱いているかどうか、それはわからない。しかし、たとえもし歌詞に立ち上る危機感がフェイクであっても、この曲をこの時期に発表したそのことをもって、ぼくは彼に敬意を表したいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きゃりーぱみゅぱみゅのこの写真が好き

この写真は増田セバスチャンによるディレクションのようだ。

この写真一枚からでも、彼女が青文字系業界の集大成であることをヒシヒシと感じる。業界全体が彼女に託している思いが伝わってくる。さらに中田ヤスタカを起用しているのだから、僕はそれらの一連から、原宿系や“カワイイ”を包摂したジャパニーズポップカルチャーの真髄を世界に突きつけてやろうという強烈な意気込みを汲み取らないわけにはいかない。ハロプロが世界に出て、AKBも海外へ足をかけ始めた今、彼女たちだけにでかい顔はさせていられない。それは男に媚びを売るすべてのコンテンツに対する宣戦布告でもあるのだろう。

これから数ヶ月間、要チェックですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国のGirls Dayがはんぱない。

韓国のガールズグループが日本にも続々と進出してますね。
その賛否は他に任せて、彼女たちの本場韓国の市場で、今、個人的に一番勢いがあると思われるガールズグループは「Girl's Day」です。
リンク先は最新の「Nothing Lasts Forever」で、まずこれ聴いて欲しいんですが、

Girl's Day - Nothing Lasts Forever

この曲の一つ前がこんな曲でした。

Girl's Day - How Do I Look

さらにデビュー曲はこんな感じ。

Girl's Day - Tilt Your Head

何が半端ないって、最新の曲のラスト30秒です。MV見るよりライブ映像見る方が断然魅力的。
そしてデビューからの振れ幅。
これはプロダクションの戦略性の高さもあるんだろうけど、
本人たちに実力がなければ破綻してしまうギリギリの勝負をしている感じ。

ああ、熱い。凄く熱い。韓国のガールズグループ市場うらやましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AKBが好きで韓国アイドルが嫌いとか意味わからん

たとえばこんなの大好きだろうよ。

Girls Day - How Do I Look

HAM - Doo Geun Doo Geun

T-ara - Bo Peep Bo Peep(1:40

KARA - Pretty Girl

SNSD - Kissing You

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松木里菜 - ワニブックスグラビアコレクション

おっと、以下で松木里菜さんの映像と画像が見れます。

http://www.nifty.com/wanibooks/

ただし、サンプルです。メインコンテンツでは画像もムービーも高解像度で見れるようです。見るには月額1,050円が必要。ちなみに、「初めての方へ」の「無料ツアーはこちら」をクリックすると、有料の領域の雰囲気を感じ取れるのですが、それを松木里菜さんのページで見られるので、ぜひ参考に。


松木里菜さん関連の記事(サイト内)
松木里菜-田舎に泊まろう
松木里菜
松木里菜(2)
松木里菜出演CM

| | コメント (0) | トラックバック (4)

Wonder GirlsのNOBDY

韓国のアイドルユニット「KARA」がやばいかわいいに続いてなんですが、韓国のガールズユニット「Wonder Girls」のNOBODYという曲が良いです。Wonder GirlsといいKARAといい、振り付けのキャッチーさでは日本のアイドル適わないかもなあ。

あと、彼女たちをプロデュースしているのがパク・ジニョンというシンガーソングライター。彼自身が人気歌手で、エンターテイメント会社まで設立している超やり手。Wonder Girlsもそこに在籍。アメリカで音楽に目覚めた人だそうです。で、彼がこんな発言をしている。

「韓流に太極旗を付けるな」
2007年、「韓流を文化的意思疎通として理解せず、ナショナリズムの枠にはめて『日本中国征伐』『韓国万歳』と言って生計を立てている人が韓国には多く、そのせいで周辺の国々では韓流に対する反発が起きている」と韓国のマスメディアや政界への批判を展開するとともに、「商品に韓国国旗を付けて売っている現在の韓流は一方的であり、もう通用しなくなる」と韓流の問題点を指摘したことから、ネチズンや専門家から賛否両論が噴出した。
--Park Jin-Young[パク・ジニョン] / wikipedia

へえーって思った。やっぱ人種関係ねえな。問題は多々あれど、韓国という名前だけでそこに生きる人すべてを鼻で笑うような奴はろくなもんじゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KARAがやべえかわいい。

韓国のアイドルユニット「KARA(カラ)」が可愛すぎてびっくりする。
090328_NEWSメモからの分離記事)

何がかわいいって、振り付けです。日本でも全然通用するだろこれ。
さらに最高なのは、高画質の映像がたくさんネット上にアップされている点。VeohにいたってはフルHD画質なんてのもあったりする。暇な方は探してみてください。以下に一部リンクしときます。
Veoh フルHD画質の映像
(Veohは高画質で見たい場合、専用のソフトを導入し、データをダウンロードしなければならない。)


Watch KARA Honey MBC021409 in é�³æ¥½  |  View More Free Videos Online at Veoh.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆうゆ+小林麻耶=福田萌

福田萌というタレントさんがいます。
名前に負けない”萌”な感じのかわいらしい女の子です。

福田萌|google画像検索

ものすごく好きなわけじゃないんだけど、彼女、「ゆうゆ」にそっくりです。もうね瓜二つ。
なんで騒がれないのかわからない。
「ゆうゆ」は安室奈美恵 さんも好きだった2.3世代前のアイドルさん。1980年後半でしたよねたぶん。

あれです。キムタクのお嫁さんと同世代のアイドルです。

やっぱりいつ見てもかわいい・・・
と、ここで話は終わるはずだったんですが、なんかちょっと胸につっかえるものがあったんです。最近まで。
で、さっきそれがわかりました。ゆうゆだけじゃない。ゆうゆに少しTBSのアナウンサーの小林麻耶を混ぜてぐるぐるポンするとまさに彼女になるんだ。
っていうね。もうね、誰も興味ないこんなこと。オレ痛いだけっていうね。大爆発ですよそれは。痛いの痛いの飛んでいかない。っていうね。

痛すぎるけど、個人的にはすっきりしたのでそれもよし。

小林麻耶

ゆうゆの歌を披露する安室奈美恵(小学6年でこの歌唱力)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小池里奈で拓かれる父性

小池里奈という女の子がいるんですが、
とにかくやばいかわいいです。日本女性はやっぱ黒髪なわけで。
浴衣とか着られたらファイナルアンサーです。

このこが最近上映された「夕凪の街 桜の国」という映画で、
主人公一家の近所に住むちょっと足りない女の子役を演じていて、
はまり役でなかなか良かったです。

で、彼女は1993年生まれだそうで、平成で言うところの5年目ですね。
おじさん若干ショックなんですが、
ここまで年齢が違うと、なんていうかもう父性が芽生えてしまうわけで、
正直、こんなかわいらしい娘を持ってしまったら、誰にも嫁に出したくないっていう。
ほんとね、てめぇなんかに嫁がせるかって、なるに決まってるんだよ。

あ、ちょっと夏帆に似てるんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)