パソコン・インターネット

ウィキペディアの言語リストの先頭にある星マークに注目!

ウィキペディアをご存知ですか。

なんて、、、聞くのはおこがましいですよね。
ご存じない方なんていないと思うので、説明は省きますが、
このウィキペディアで記事を見ている時、不意にページの左端を見ると・・・
そこには言語のリストがずらっと並んでいて、
時々先頭が星マークになっている時ありませんか?
これ、何かというと、実は”秀逸な記事”に選ばれた記事につけられている称号用のマークなのです。

つまり、あなたが見ている何かしらのキーワードにおける記事を、
もし星印の付いた言語で見たなら、信頼性の高い濃厚な情報が得られるということ。
ちょっと違和感があるかもしれませんが、
もう少し噛み砕くと、ウィキペディアは基本的に言語ごとに違う人が記事を書いています。
一緒の項目でも、日本語の記事は日本語圏の誰かが、英語は英語圏の誰かによって書かれる。もちろん編集も。
だからその内容に類似はあっても、細部にいたるまで同じということはほぼありません。
たとえば、よく芸能人の記事を読む人は、
その記事の英語版を見てみてください。日本語版ではありえない情報が載っていることがあります。
だから、母国語によって、得られる情報に差が出てきてしまう。
下手をすると誤った情報を入手してしまう可能性さえある。

これは、このサイトのたぶん一番根本的な欠点です。

”世界中の人たちが参加して記事を書ける”
言い換えれば、どこの誰でも記事を書けてしまう。

これはすばらしい長所であると同時にとても危険なことでもあるんですね。
どうしても正確性や中立性・客観性が薄まってしまう。

このことは、ウィキペディアが台頭してきた当初から指摘されていた問題で、
一般人よりも造詣の深い専門家の中には、その不完全さゆえに敬遠する人も多いとか。
これって「メディアリテラシー」に通じるところがありますよね。
テレビもネットも、鵜呑みにするのは危険だということです。

そして、ウィキペディアの運営自身、それは痛いほどわかっているんでしょう。
だからこそその欠点を補うためのアイディアとして、こういったシステムを設けたんだと思います。

秀逸な記事の選考は、ウィキペディアらしく、ウィキペディアユーザー自身が行います。
だからこそ、見る側の目も問われるわけです。
推薦された記事の中から、以下のような厳しい審査基準に照らし合わせます。


  • その主題を扱う専門家(研究者、実務家、その他)から見て、百科事典において必ず説明されるべきことが全て説明されている。ただし、何が必須かは部分的には関連記事との連携・分担関係にもよる。

  • 詳しくない読者にもその主題について理解できるように、わかりやすく書かれている。ただし、高度に専門的な主題を扱ったものであれば、関連記事を読んで理解していることを前提にするのは問題ない。

  • 内容が充実している。必須の点だけをわかりやすくカバーしただけでは不十分。

  • 完成度が高い。文章が読みやすい、構成がしっかりしている、明らかに未完成な部分がない、(可能なら)図や画像や表などがついている、など。

  • 観点の中立性が保たれている。

  • 「出典」または「参考文献」が挙げられている。

  • 以上の点が全て満たされている。

  • --wikipedia:秀逸な記事の選考基準より転載

さらに、反対者や記事の問題点の指摘などを乗り越えたものが、はれて
”秀逸な記事(Featured Article)”と認められ、称号(★)を与えられる。

この”秀逸な記事”のシステムが浸透することは、
最終的に信頼性の高い百科辞典の構築につながり、見る側の僕たち自身も得をするものですから、
いつもいつも自分の調べたいキーワードだけ見るのではなくて、
この称号を与えられた記事、あるいは現在選考中のものに触れて、
自分の目を養ってみるのもたまにはいいかもしれません。(Wikipedia:秀逸な記事

この影響があってか、専門家の間でも再評価され始めたという記事を最近目にしました。
学術機関に敬遠されてきたウィキペディア、教材として注目集まる

2008.07.04現在、日本語の秀逸な記事は
五十万千八百六十一”中、”七十五”。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォトショップ:あったらいいな、こんな機能。

photoshop[フォトショップ]というソフトを使い始めてかれこれ10年くらいたちます。
自分なりに、今はまだ実装されていない機能で、
あったらいいんじゃないかなって思うものを思いついたのでメモ。

文字ツールに関する拡張性として、
「めっちゃ長いテキストエリアから、部分的にテキストエリアを抜き出せる機能。」
といのがあったら便利だなあ。。
方法としては
選択範囲ツールを使用して、表示中のテキストの中から抜き出したいエリアを囲います。その後、「選択範囲をコピーしたレイヤー」あるいは「選択範囲をカットしたレイヤー」を実行すると、編集可能なテキストエリアがそのまま抜き出せる。
というもの。

こんな新機能を次期バージョンでとりいれてほしいなあ、と、作業しながら思いました。
あるのか?いや、これはまだないはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラウザ

最近このブラウザ使ってます。

Firefox

多分大半の人がInternet Explorer(以下IE)というものを使っていると思います。
あ、僕もそうでした。はい。
でも最近、この構図にすこしづつ変化がおきています。

比率で言えば、未だに多大多数がIEです。

僕もいままではIEで何の問題もなかったんですが、
このところなんかえらく調子がよくなくて、変なブロックがかかったり、
そんなときにこれつかってみたらもうサクサクですよ。
無料だし、IEのブックマークだってそのまま引き継げるし、
IEだけが全てじゃないってのが良く分かりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)