« 漢字が書けない人を嘲笑うのは時代錯誤 | トップページ | 低質な質問に上質な回答を望む人々の無理解について »

理想主義者に向けられる哀れみの正体

最近は特に理想主義者に対する風当たりが強まっているように思う。ぼくたちは今、簡単に未来を思い描けるだろうか? 昭和の頃に思い描いた21世紀は夢のような世界だっただろう。そのような夢見がちな見方は、いまあまり人気がなくなってしまった。

理由は種々あるだろう。世界全体の先行きが不透明になって特定の方向性が見えづらいとか、あるいは日本経済が長く停滞し、目先の生活でいっぱいいっぱいだとか――いや、そもそも実際、夢のような21世紀はこなかった。その落胆なのか……

ともかく、いま理想的な話をすれば「非現実的だ」「具体的にどうするんだ」と非難されるのが関の山だろう。これは「日本的リベラル」への不人気と相関しているようにも見受けられるが、なぜこれほど非難される存在になってしまったのか?

その正体を解きほぐすための示唆を提供できれば幸いに思う。

現実的な理想主義者たれ

最初に結論をいえば、理想は決して悪いものではない。むしろとても大事な「長期的な視点」を提供できる。しかし、それに固執するから具体的な道筋が軽視され、バランスが悪くなってしまう。できる限り「現実的な理想主義者」として考えようよ、ということになる。

登山隊の中の現実くんと理想くん

理想主義者と現実主義者の違いは、例えば山頂を目指す登山隊としてみると分かりやすい。

どちらも山頂を目指そうという目的は同じだ。そこからまず現実主義者は一歩ずつ歩むことを優先する。現状で最善と思えるルートを見定め、歩み始めようと主張する。

一方、理想主義者はそれを認めない。ルートが絶対に正しいとは言い切れないし、道半ばで命を落とすこともありえるからだ。だから現実主義者の案に反対する。それでは一歩も先へは進まないのだが、彼らは例えば瞬間移動装置のようなものを空想し、たったの一歩で山頂へ到達するような手段を欲する。確かにそれがもっとも安全だが、残念なのは瞬間移動装置を発明しようとはしないし、ヘリコプターのような妥協案を提案することもしない。

つまり、山頂へ至る歩数も困難さも考慮せず、あるいはまた新技術や画期的な解決策を導入してパラダイムシフトをもたらそうともせず、ただ「山頂に登りたい」と繰り返すのみになってしまう。それでは状況はなにも進展しない。もはや周りがみな気づいているというのに、本人だけが気づかずに相変わらず同じ駄々をこねつづけている。

まったく何やってんだよ。

これが理想主義者に向けられる哀れみの正体である。

現実主義にも欠点がある

ただし、逆に、理想をもたぬ現実主義者もまた、場当たり的に目先の状況に対応するだけになりやすい。山頂を確認し直したり、最適なルートを再考するといった長期視点が欠如しがちだからだ。だから気づいたときには山頂を見失うどころか、深い樹海に迷い込み、もはや引き返せぬ袋小路へと至る危険さえある。

良き塩梅で夢を見よう

以上のことから導き出せる良き塩梅のバランスとは、現実的な理想主義者たること――理想的に目的・目標を見定め、現実的な手段を考え実践すること。

|

« 漢字が書けない人を嘲笑うのは時代錯誤 | トップページ | 低質な質問に上質な回答を望む人々の無理解について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 理想主義者に向けられる哀れみの正体:

« 漢字が書けない人を嘲笑うのは時代錯誤 | トップページ | 低質な質問に上質な回答を望む人々の無理解について »