« 「最小の少数派とはあなた自身である」という民主主義の根幹について | トップページ

タバコとお酒の命運を分けたマナーの重要性

喫煙者への風当たりが強まるにつれて、「タバコを非難するならお酒も非難しろ」という声も日増しに高まっているけれども、そもそも、現状すでにお酒のほうが肩身が狭い可能性は考えないのだろうか。

例えば勤務中のタバコ休憩は当然のようにして許されるのに、お酒は許されていない。許されていないというか、マナーとして、勤務中にお酒を飲む人はそう多くない。「ランチに一杯」すら敬遠する人が大半だろう。我慢できないとしたら、それは嗜好ではなく中毒だからだ。

タバコとお酒を分かつもの

正確に現状を把握するなら、タバコよりもお酒の方がよほど場をわきまえてきたと言った方が良さそうだ。それに気づかずに酒とタバコを紐付け過ぎれば、予想外の展開になりかねない。

そう、こんな具合で。

アホ「タバコ禁止ならお酒も禁止だろ!」

社会「そんなにお酒と一緒の扱いがいいなら、勤務中にタバコ吸えなくていいよね」

アホ「え」

社会「だって勤務中さえ我慢できないとか、それニコチン中毒じゃん。これからは勤務時間外のみにしてね」

アホ「え、え」

社会「当然、昼間っから屋外で吸うのも止めてね。アル中同様みっともないから」

アホ「……」

まさにブーメラン状態。

人間社会の普遍的な法則として「マナーで対処できない場合、それはルールになる」というものがある。より近代的に言えば「法的拘束力を与えられる」。お酒は場をわきまえる/マナーとして了解することで、社会との良好な関係を保ってきたが、タバコはそれでは対処しきれなかった。だから法的拘束力を有する世界規模のルールになろうとしている。タバコとお酒を決定的に分かつのはそこだ。

マナーやルールを常に評価する必要性

ぼくたちはよくよく注意せねばならない。「いままでの社会で許されていた」からといって「それに正当性があるかかどうか」は決して判断できない。「常識」や「倫理観」は社会状況が変わるのに連動して刻々と変化してゆくものであるし、だからこそ、法律だって常に更新できるように設計されている。

それを見過ごしてしまえば、いまのタバコのように、自分たちがよほど優遇されていた事実に思い至ることができず、延々と墓穴を掘るハメになる。「お酒も禁止」論はその筆頭といっていいだろう。

個人的に願うのは、“一部の足手まとい”の投げるこのブーメランが、首の皮一枚でつながる喫煙者たちの喉元に、さらなる致命傷を与えないことだけ。

|

« 「最小の少数派とはあなた自身である」という民主主義の根幹について | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40751/66161119

この記事へのトラックバック一覧です: タバコとお酒の命運を分けたマナーの重要性:

« 「最小の少数派とはあなた自身である」という民主主義の根幹について | トップページ