« 都構想のおかげでIQが向上した | トップページ | 信仰の持つ思考停止の有用性について »

喫煙者たちはどこで道を踏み間違えたのか

禁煙ブームはヒステリックな嫌煙家のせいではない

個人的な嫌煙の理由は臭いからで、それ以上の御託を並べる気もサラサラないんだけど、ことここに至ってもなおヒステリックな嫌煙家たちのせいで嫌煙ブームになった、と揶揄する喫煙者が結構いて、それはあまりにも状況把握がなっていなので、ひとつだけ苦言を呈しておきたいと思う。

「自分はマナー守ってる」という無関心

自分はマナー守ってるんで。喫煙者にマナーの話をすると、決まってそう教えてくれるわけだけど、そのセリフに立ち上る無関心こそが嫌煙ブームを巻き起こした元凶であることになぜ気づかないのだろう。よく考えてほしいのだが、マナーの悪い喫煙者がいれば、当然のごとく喫煙者全体のイメージはぐんぐん下ってゆく。それは巡り巡ってあなたにのイメージにも大いに影響を与えるはずだ。

つまり、もし本当に喫煙できる世界を死守したいならば、喫煙者こそが率先してマナーの悪い喫煙者を断罪せねばならなかったのに、「自分はそういう人たちとは違うから」と斜に構え放置しつづけた挙句、これほど最悪な状況にまで落ちぶれたという自業自得の様相は、もっと理解したほうがよいのじゃないかと思う。

端的に言えば、目的意識の致命的な欠如。これに尽きる。

確かに現状を考えてみれば、大いに同情できるところもないことはない。さはさりながらだ。それ以上に社会モラルに非協力的なまま、自業自得を完遂させた救いようのない集団=喫煙者というのが最終的な感想になってしまう。

喫煙者の二の舞いが至る所に散見される

これと同じような状況は枚挙に暇がない。例えばいま都心部で暴走するピストバイクやママチャリ、自動車でもそれは起きつつある。あのへんも「自分はマナーを守っている」といって外部からの評価に無頓着な人たちばかりだから、遅かれ早かれ同じ轍を踏むことになるだろう。

結局、「自分」の行動だけではなく「自分たち」の評価からぼくたちは逃れられない。集団として生きることを宿命づけられた存在だから当然なのだが、だからこそ、そのイメージに対する敏感さがどうしても必要になってくる。

日本人というブランド、テレビ局、朝日新聞、大阪人、なんでもそうだ。自分はやってないからといって、自分たちの振る舞いを放置するとどうなるのか。そういった巨視的な想像力を働かせる責務が、コミュニティで共に生きる同居人として存在しているのだと思う。

|

« 都構想のおかげでIQが向上した | トップページ | 信仰の持つ思考停止の有用性について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40751/63752106

この記事へのトラックバック一覧です: 喫煙者たちはどこで道を踏み間違えたのか:

« 都構想のおかげでIQが向上した | トップページ | 信仰の持つ思考停止の有用性について »