« なぜ日本政府はテロリストに身代金を払ってはいけないのか | トップページ | 都構想のおかげでIQが向上した »

足立議員のアホ発言の本質は映像を見れば解けてくる

足立議員のアホ発言だが、あれはそんな安易な問題に矮小化してはいけない様々を含んでいる。現政権が熊本地震の対応に追われる中での出来事であるというのも大いに関係している。

できれば4月21日の総務委員会を実際に見返してほしい。そうすれば彼がなぜあれほど語気を荒げたのか、いろいろ感じるところがあると思う。時間がなければ、当該映像最初の質疑者、高井議員の質疑冒頭部分20分と、足立議員の質疑全20分だけでいい。

今回の発言のあらまし

足立さんの今回の問題発言はなぜ起きたか。誤解を恐れず言えば、被災地とその復興のために激務に耐える公務員を思うあまり、ああなってしまったと言っても過言ではない。彼はもともと国家公務員だ。人一倍理解できる部分もあるんだろう。そこにきて防災担当副大臣へ向けて投げつけられた高井議員の心ない質疑。

足立議員は言う。民主や共産、メディアだけが政府与党に好き放題文句を言えて、逆は全く許されないというのはどんな了見なのかと。それは二重基準というのではないのかと。

そうして、言いたくても言えない現政権を代弁するようにして彼は語気を荒げつづけた。そして、それに対して非難の声をあげる野党に言ってみせる。

暴言を吐かれればしっかり非難するくせに、自分たちは暴言吐き放題か民主・共産。このように都合よく二重基準を放置している野党議員など議員の資格はない。議員に悖ると。

全くその通りじゃないか。

腹の虫が収まらない民進党

もう分かったと思うが、今回の一件はアホ発言ではなく、どちらかと言えばど正論による皮肉の全容に対して、民進が苛立っているというのが正しい。もっとも、これほど問題化したのは、明日投開票を迎える京都3区の補選に向けてのネガティブキャンペーンの意味合いが強いわけだが……。

さらに、彼はこうも提案している。「もう一度ちゃんと規律を作り直しましょう」と。もっと公平な国会にしましょうと。野党が文句や誹謗をするなら、与党側だってしていいはずだし、しないならば両者ともしない。それが公平なルールってもんじゃないかと。

彼の発言のなにが間違っているのか、ぼくにはそれがわからない。むしろ高度なアイロニカルな論点として完成しているではないか。

足立さん負けるな、あなたは辞めちゃダメだ

ここまで読んでくれた方には、多少なりとも伝わっているはずだが、彼は間違ったことを言っているわけではない。むしろ彼の発言を間違っていると指摘する議員の方が間違っている。それは「公平」の意味を理解し、また国会議員の役割を理解できる知性さえ備わっていれば判断できることだ。

足立さん負けるな。彼は次期選挙で自分は落ちるだろうと自虐する。嫌われちゃってるからと。あなたはいてくれないとダメだ。

|

« なぜ日本政府はテロリストに身代金を払ってはいけないのか | トップページ | 都構想のおかげでIQが向上した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40751/64503612

この記事へのトラックバック一覧です: 足立議員のアホ発言の本質は映像を見れば解けてくる:

« なぜ日本政府はテロリストに身代金を払ってはいけないのか | トップページ | 都構想のおかげでIQが向上した »