« 「白票で投票する」という政治トラップ | トップページ | 自民党だけには投票しないという選択肢【2014衆院選】 »

青木大和くんに期待すること

青木大和くん

ぼくはいまのような不安定な社会と形骸化した制度のもとでは、荒療治のような手段も必要なのかもしれないと思う。

現状、一般庶民が選挙時にできることはとてもすくない。希望の立候補者がいないと思えば、自分が立候補するか、希望の候補者を擁立しなければならない。しかし、それには少なからぬ資金が必要になるから、若者世代には容易なこととはいえない。

しかし、ネットはそれを変えられるかもしれない。限定的でしかない庶民の選択肢を、健全に拡張してくれる可能性を大いに秘めている。自分の意見を大勢に知らせることもできる。海外に向かって、日本の選挙制度の問題点を表明することもできる。もっともっと選挙に優位にはたらく試みだってあるかもしれない。

ぼくは大和くんを頭ごなしに非難する気にはならない。確かに特定の勢力と結びつき、プロパガンダを画策するようなことは断罪しなければならないけれども、ネットの可能性に挑戦するような試みは、どんどんやってほしいと思う。

今度はぜひとも、そういう前向きなヤツをお願いします。

|

« 「白票で投票する」という政治トラップ | トップページ | 自民党だけには投票しないという選択肢【2014衆院選】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40751/60741951

この記事へのトラックバック一覧です: 青木大和くんに期待すること:

« 「白票で投票する」という政治トラップ | トップページ | 自民党だけには投票しないという選択肢【2014衆院選】 »