« オスプレイはなぜ配備される必要があるのか | トップページ | オスプレイ配備が強行される裏側 »

ロンドン五輪のBGMが終始クラブミュージックでとてもいい。

今回のオリンピックはUnderworldが音楽を担当しているだけあって、終始クラブミュージックに特化していてとても嬉しいんだけど、長野オリンピックの閉会式を見たらそれはそれでとても良かった。

結局のところ音楽っていいよね。という当たり前な結論に行き着くというありがちな展開です。

あまりにもありがちなのでロンドン五輪のサウンドトラックへのリンク歴代オリンピック開会式の映像が公開されているという情報で取り繕ってみる。

・UnderWorldのRemixが聞き所。

Isles of Wonder: Music For the Opening Ceremony of the London 2012 Olympic Games

・開会式どれだけ覚えているか。おさらいしてみてもいいですね。
OLYMPIC CEREMONY DATABASE@YouTube

|

« オスプレイはなぜ配備される必要があるのか | トップページ | オスプレイ配備が強行される裏側 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロンドン五輪のBGMが終始クラブミュージックでとてもいい。:

« オスプレイはなぜ配備される必要があるのか | トップページ | オスプレイ配備が強行される裏側 »