« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

090331_NEWSメモ

電車の中は読書の時間。
--読書がストレス解消に非常に効果的であることが研究で明らかに
(---略---)
ただし、本を読むこと自体が重要なのではなく、本を読んでいる時間は現実世界のことを忘れてしまうくらい夢中になる事が重要であり、本の内容に没頭しないと効果が最大限に得られないとのこと。
読書は嫌いじゃない。
高橋洋一氏窃盗についての見解
--警察発表について
池田信夫氏による見解。経験に基く物事の見方は参考になります。ほんと・・・。
脳の記憶に関する新事実?
--記憶を始める「脳のスイッチ」発見か
(---略---)
「人がある言葉を後から思い出せるかどうかを、当人がその言葉を目にする前に、ある程度予測できるという事実は、非常に驚くべきものだ」
びっくりする。シータ(θ)波というものが重要らしい。こうやって常に新しい事実が分かっていって、それに伴う技術革新が起きていったら、50年後の世界って全く予想も出来ないものになっているんだろうな・・・。
見る事も適わないかっこいい車
--10台だけの限定生産、手作りの超高級車『Vulca S』
(---略---)
この車は『Vulca S』だ。たぶん読者の皆さんは、運転することはおろか、目にすることもないだろう。
くそぉ。かっけーなあ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

090330_NEWSメモ

ちょっと信じられない。よりによって今かよ・・・。
--“竹中元総務相のブレーン”窃盗で書類送検
マジであの高橋洋一氏なんですか・・・。元官僚で大学教授。政府紙幣発行するべきと言ってた人。窃盗とか、にわかには信じられん。でも自供しているしなあ・・・。人は見かけによらないって思うしかないのだろうか。 2chではもちろん陰謀論も飛び出して、盛り上がってた。
ニコラっつーティーン向け雑誌でモデルさんしてる娘なんだね。ニコラネット川口春奈。どんどん次世代が出てくるなあ。
航路が40%も短縮する。
--温暖化で北極圏の領土争いが過熱:カナダとロシアの小競り合いも
(---略---)
[2007年9月には、カナダの北岸に沿って、ヨーロッパからアジアへ直接向かう航路を遮る氷が有史以来初めて無くなった(日本語版記事)。この北西航路で、例えば欧州と日本を結ぶ距離は従来よりも40%も短くなるとされ、世界の海運や物流が大きく変わるとみられている。
(---略---)
温暖化の話はひとまず置いといて、航路が40%短縮ってすごいな・・・。
ちょっとだけ泣きそうになった。たまにこういうスレがあるから2chを嫌いになれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KARAがやべえかわいい。

韓国のアイドルユニット「KARA(カラ)」が可愛すぎてびっくりする。
090328_NEWSメモからの分離記事)

何がかわいいって、振り付けです。日本でも全然通用するだろこれ。
さらに最高なのは、高画質の映像がたくさんネット上にアップされている点。VeohにいたってはフルHD画質なんてのもあったりする。暇な方は探してみてください。以下に一部リンクしときます。
Veoh フルHD画質の映像
(Veohは高画質で見たい場合、専用のソフトを導入し、データをダウンロードしなければならない。)


Watch KARA Honey MBC021409 in é�³æ¥½  |  View More Free Videos Online at Veoh.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

090329_NEWSメモ

Confickerというウィルスの問題。知らなかった。
--4/1に「世界最強のパラレル・コンピューター」が誕生? Conficker問題

(---略---)
Confickerは、特に修正プログラムを適用していない海賊版『Windows』を使う人が多い諸国で、大きな問題になると見られている。[ConfickerはWindowsの脆弱性を悪用するもので、Microsoft社は昨年10月に緊急アップデートを行なってこの脆弱性を修復している]
(---略---)
もうエイプリルフールなんだ・・・。
え?なに?検閲?
--有害サイト:「管理団体を」 警察庁、児童ポルノ遮断へ検討

(---略---)
警察庁は5月にも事業者や関係省庁で構成する協議会を設置、(---略---)ブロッキングの導入を唱え、警察などの情報を基にした対象サイトのアドレスリスト作成を提言した。リスト作成にあたっては管理団体を設置するよう求め、どのような団体にするかは協議会で検討する。
ん?技術面の話が抽象的過ぎてよく分からない・・・。一歩間違うと中国でダライ・ラマが検索できないみたいな事になりかねない気がする・・・。とにかくPCを介した児童ポルノ氾濫の問題には、何かしら対策を講じなければならないのは間違いないけど、世界的な動向はちょっと過剰な感じもするんだよなあ。例えば自分の子供の裸の写真がPCにはいっているとかさ、プールで水遊びしている風景をデジカメで記念撮影するとかさ、要するに”撮った時の目的”が違ってても、それが結果的に児童ポルノに成り得る画像だったなんてことは、数限りなく生まれる可能性があるんだから、凄く判断難しいと思う。
児童ポルノ「ブロッキング」の悩ましいリスク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

090328_NEWSメモ

SNSは携帯と相性が良い。
--PCと全く異なるモバイルサイトの“真のユーザー層”を見極めよう!
(---略---)
携帯サイトで最も人気のあるコンテンツは、なんといってもコミュニティサイトだ。コミュニティの代表ともいえるSNSを見ても、モバゲータウンやGREE といった大手SNSの多くがモバイル中心のサービス展開を行っているし、最大手のmixiでさえもモバイルのPVがPCを追い抜いているという状況であり、携帯サイトと非常に相性がよいことを伺わせている。
(---略---)
若い女性に人気のモデルを起用した、企画商品のプロモーションに携わった経験からわかったことは、まじめに、切実に、若い女の子たちは携帯しか使わないっていうことです。
警察権力の暴走?
--「破棄しないと著しく正義に反する」 最高裁にそうまでいわれた「ある犯罪」
催涙スプレー携帯で在宅起訴された会社員男性が最高裁で逆転無罪となり、捜査のあり方などがネット上などで論議になっている。
(---略---)
ネット上では、最高裁判決を受けて、警察の捜査のあり方について、賛否両論で議論になっている。2ちゃんねるを見ると、「今のご時世催涙ガスを携帯するくらいじゃないと自分の身を守れないよマジで」「夜中の3時に催涙スプレーもって自転車乗ってる奴なんてどう見ても不審人物だろうが」といった声だ。
(---略---)
被告の男性側は、軽犯罪法に言う危険な器具が不明確だとして憲法違反を主張。これに対し、最高裁は、催涙スプレーで失明する危険があるとこの主張を退けた。スプレー悪用の犯罪が多発する中、人が集まる場所で必要がないのに携帯していいわけではないとしている。

そして、スプレー携帯が正当なのは、「職業・日常生活から、社会通念上相当のとき」だと指摘。客観的には、スプレーの用途・形状・性能や使う日時・場所などを、主観的には、動機や目的などをもとに、総合的に考えるべきだとしている。

これがスプレーではなく、例えば銃だったらどうだろう。もちろんアメリカ並みの銃社会だったとしてです。僕たちは普段、銃が規制された世界にいるから、アメリカのように銃を恐れるあまり銃で身を守ろうとすることに違和感を感じる。良く考えたいのは、銃と催涙スプレー、そんなに違いますか?ってこと。極論だけれど、護身用として売られながら悪用されているんだから、僕には大して違いがないように感じる。重要なのは信頼できるルールだろうな。正直、日本でだって銃で撃たれる可能性はゼロじゃない。けど、”皆銃を持たない。”という強い信頼の上でこのルールが保たれていて、結果的に日本に平和な一面をもたらしているわけで、威力を抜きにしていえば理論は同じじゃないかと思う。とにかくアメリカみたいになりたくないよ。だから僕は皆を信じてみたいと思う。わざわざ十徳ナイフを秋葉原通り魔殺人事件のすぐ後に現場付近で持ち歩いてみたり、職質の警官にけんか売るような態度とってみたりね。越権は見逃す気はないけど、わざわざ疑われる事をするのは愚か過ぎる。そういう意味で今回、警察にも、起訴された男性にも、最高裁は悉く良い対応していると感じた

KARAがやべえかわいい。
--[HD] Kara - Honey


--[HD] Kara - Pretty Girl

韓国のアイドルユニット「KARA」です。振り付けとか曲とかもうキャッチーっつーか正統派っつーか、可愛さ爆発してます。AKB48とかアイドリング!!!とか、日本も負けてはいないけど、どっちもかわいいんだからどうでもいい。彼女たちを見た時の衝撃が、perfumeをはじめて見た時の感覚に似ていた。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

090326_NEWSメモ

俗に陰謀説と言われる類のものはいっぱいあります。中でも日本ではCIA関連、中国系、朝鮮系、そしてユダヤ。この辺りは影で暗躍している巨大な力が存在しているとかいないとか、あることないこと言われているというような内容。今回の小沢さんの秘書の問題にも絡めています。彼は、それらのほとんどがデマであり、信じる人たちに共通するのは”無知”なのだという。正論だと思う。僕も無知すぎて自分に嫌気がさす時があります。ただ、この記事は終始上記で説明したことを書いているだけ。個人的には”火のないところに煙は立たない”というのも真理だと思っているし、実際、こういう話のように明るみに出ている事実もある。筆者はその辺りの散見される”本当のこと”ももちろん知っているはずなのだから、無知な僕たちにその指針ぐらい示してくれてもいいんじゃないか?と思った。
「美味しんぼ」の作者さん。歴史観は人それぞれ
--野球は戦争じゃないよ

(---略---)
私は君が代も日の丸も大嫌いだ。
 だが、サッカーの国際試合の時に両国の国旗掲揚、国歌斉唱となって周りの人間が立つと、みんなの雰囲気を壊すと悪いから一応は立つ。国旗は別に見ないし、君が代なんか、ああいう音楽的に劣悪な物を口にすると、せっかく歌は上手だとみんなに讃められているのに、その歌が下手になるおそれがあるから、死んでも歌わない。
(---略---)

過激だなあwとりあえず歴史観は人それぞれなのでいいとして、スポーツに対する姿勢は共感できます。ただ、君が代を”音楽的に劣悪”とまでいう理由は何なんだろうか。確かに小学生時分、パッとしない歌だなあと思っていたのも事実だけど、そこだけが気になる。

これなら良いでしょうか?w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

090325_NEWSメモ

国内でも、非正規雇用の人たちやテレビ業界などなど、不景気の影響は出始めているものの、東京にいるからなのか、仕事柄なのか、個人的にはまだまだ身に染みるレベルでの実感ができない。結局、いくら想像力を働かせても、実感って当事者にならないと分からないんだろうなあ。
僕もスカイプ使ってます。
--Skype、国際電話通話量でトップの座に
そんな神秘的な金属があったのね。
--ダマスカス鋼
日本刀も、古ければ古いほど精製度の高い鉄が使われていて、今の最新技術でも実現が難しいなんて話がある。その理由について、大量生産の時代に入るにつれて廃れてしまったなんてこともいうんだけど、確実な事はわかっていなくて、とにかくそんな何らかの理由で失われた技術って、今になって気づくと結構重要なんじゃねえの?ってもの多いかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

090324_NEWSメモ

なんていうか、FFの話になると必ず過去の作品の美談になっていくんだけど、正直、”昔は良かったなあ”とか”最近の若者は・・・”って、いつの時代でも言われてきたことと凄く似ていると思う。自分の過去をただ美化しているだけだ。時代の流れを敏感に感じる事が難しくなった自分を棚に上げ、ゲームに没頭できなくなった自分を棚に上げ、ゲームに野次を飛ばす。温故知新ってのはもちろんわかるし大事だけど、大概は前者だろう。大体、伊勢神宮じゃあるまいし、将棋囲碁じゃあるまいし、温故ってほどの歴史も無いしなあ。
ソースは日本じゃないけど、日本も同じようなものだろうなあ。世界どこでも1位はそこなんだね。あはは・・・。
メタンハイドレートが世界を変えうる
--メタンハイドレートで日本は資源国に?
石油が今の世界を回している。石油が動力源となり石油を運び、石油から生まれたものを着たり使ったりしている。なぜここまで石油が使われるのかといえば、それはエネルギー効率が高いからだ。石油を使うということは、つまり石油で石油を得なければならず、その部分の高い効率性があるからこそ今の世界が形成された。石油は現代文明の礎です。しかし、これは無尽蔵にあるわけではない。資源なのでいつかは尽きます。それがすぐなのかまだまだ先かの議論は他に任せて、とにかく尽きる。石油が尽きたら世界は停止してしまう。これに変わる次世代のエネルギーを探し続けている中で、今かなり有力なのがこのメタンハイドレード。しかも、日本の近海に大領に分布している事実が最近判明しました。もし石油に次ぐ存在に慣れれば、世界の構図が変わってしまう。今の中東がそうなように、医療、教育、税金の多くが必要なくなる可能性も有る。楽観できないのは、日本近海に隣接する国々の動き。そんなエネルギー、他の国だってほしいに決まっている。中東の血なまぐさい戦争の裏に、石油利権があることも確かだし、「日本の外交、本当に大丈夫かい。」(実際はもっと切羽詰った感じ)という心配があるとかないとか。
訴求力ですか、なるほど。
--訴求力あるブログデザインのコツ
WBC:日本3点目わーい。しかしやっぱ姿勢が違うなw韓国は。
--【WBC】球場で駅で空港で 韓国はTV全局生中継

| | コメント (0) | トラックバック (0)

090323_NEWSメモ

センス良すぎな近未来の乗り物。

--Audi社のデザイン・コンペ最優秀賞『Audi Shark』

ホバークラフトなんだそうです。何このかっこよさ。乗りたい。超乗りたい。リンク先に画像があります。
無料ユーザーの5%を狙う

--「無料経済」時代に儲ける方法:Wired編集長が語る新著 / WIRED VISION

(---略---)「紙はまだまだ重要だ。物質的な本の方が優れた形だと考えるなら、無料サンプルを気に入った人は紙の本を購入すると考えるべきだ」とAnderson氏は述べた。

無料版を手にした人の一部を有料版の利用者に変えることが、無料製品で利益を上げるうえでの鍵だ、とAnderson氏は言う。同氏の考える「儲けの出る割合」は5%だ。(---略---)

ネット上で大きな問題となっているのが著作権だけど、これはもう概念自体が全く古い過去の遺物と化してしまっている。ネットワークの広がりによって、著作権を作った当時では考えられないくらい急速に情報化してしまった。著作物のほとんどが電子化でき、同じデータをいくらでも複製してしまえる。複製を制限したり、違反物の削除に躍起になったり、今まで徴収できた対価をどう払ってもらうかなどと考えて結局ユーザーを遠のけてしまうより、彼の言うように、無料が当たり前である現在の動向をどううまく利用できるかなんだろう。そうして生まれるサービスが、ネットの動向自体も牽引していく事になる。モラルは強制的に作るだけではなく、うまく促す必要もあるんじゃないかと感じる。
例えばそれがgoogleだったり、you tubeだったり、オンラインゲームだったり、itune storeだったり、Last.fmだったり。
トヨタっつーかそもそも日本車強すぎだわ・・・。雇用に関して世間の風当たりは厳しいけど、品物はやっぱりいいんだね。
麻生叩きの理由について
--経営破綻間近のマスコミに公的資金投入は必要ない

(---略---)ところで偏向マスコミによる凄まじい麻生叩きの理由が、ようやく明らかになってきたようであり、それは経営破綻間近のマスコミに対する公的資金の投入に麻生総理や自民党が反対していることがその理由らしい。だが民主党はマスコミからの要請を受け入れ、その条件として政権交代に向けて麻生内閣を批判して退陣に追い込むことであったようである。(---略---)

あくまではっきりとしない情報との前置きでの話ですが、ありそうで嫌ですね。たぶんマスコミは、”世論”とは自分達の発信している情報だと思っている節があると思う。自分たちが作っていると。そして少なからず、僕達はそこに寄りかかって、彼らの切り貼りの情報を見て安心しきっていたのも事実。だけどそれは過去の話だ。それって全く国民の総意じゃないんだよ。ただ先導されたに過ぎない。ネットのお陰で、それが良く分かります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

なんか人道的な可能性を感じる詐欺

新手のネット詐欺らしい(痴漢の告発) / uumin3の日記

ここで取り上げられているメールなんですが、新手の詐欺かもしれないとのこと。

内容は痴漢をされた女性が、名前も何も知らないその男を突き止めて、今メールしているんだというような話。何かを要求するわけではなく、ただおまえに同じ苦しみを与えてやると。そして、当然ながらこれを受け取った本人には心当たりが全く無く、ようは不特定多数に送信して、返信してきた奴にお金をせびる詐欺メールの一種なんだろうと。

ちょっと思ったんですが、これって別に過去に痴漢していなければ全く動揺する要素がないですよね。痴漢した奴こそが動揺する内容になっている。確かに僕自身、携帯に詐欺メールが来た事があるので、思い当たる節がなくても不安になってしまう感覚は理解できる。それに”オレ間違えられてる!どうしよう”的な不安もあるかもしれない。でもやっていないんだったら返信しちゃっても警察でも何でも行けばいい。それよりね、やっぱり思うんですよ。痴漢って、マジにほんと電車利用する人全員を巻き添えに自分の欲望満たしているわけだから。極論だけど、このメールが他の詐欺メールとは一線を画しているように感じてしまう。ある種の”世直しとしての悪”に近い。この詐欺なら、僕は自らが受け取る心証を享受したいとさえ思った。

このメールに誤って返信したらどうなるのかは知らない。僕の勘ぐったようなものではないかもしれない。お金をがっぽり巻き上げるか、メールアドレスでもほしいのか。でも、例えばこれで巻き上げたお金を”痴漢の撲滅”や”冤罪の摘発”に利用していたりしたら、なんかすげえと思う。詐欺は間違っているだろう。それはわかってるんだよ。だけどさ、石川五右衛門みたいでさ、なんかかっこいいと思ってしまうよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

成宮寛貴と塚本高史

先日行われたらしい東京ガールズコレクション '09S/Sを見ていて、女性メインのイベントなんだけど、なぜか出演していたこの俳優二人について、ちょっと思っていた事を思い出した。

塚本高史成宮寛貴って、演じられる役柄などを考えた時に方向性が類似していると思っていて、だけど、俳優としてというか、にじみ出ている人間性に関して、まるっきり違う印象を抱いています。率直に言って僕は塚本高史が好きじゃない。詳しく説明できないけど、凄く勘違いしている空気を感じてしまう。確かにかっこいいのかもしれないが、おまえ役者なんだよな?みたいな。それに比べ成宮寛貴はかっこいいくせに自分の職業に対してすごく誠実な印象を受ける。天狗になったり、威張り腐った感じを受けない。実際にどうなのかは知らない。あくまでも僕個人の利己的な判断ですが、ネットやテレビや実際の作品を見ている一般人として、そう思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トリアージが付き付ける現実

トリアージというシステムが有ります。

災害時、駆けつけた救急救命士では対処しきれない要救助者が出ていた場合に”優先順位”を定めて救命に当たるというものですが、このシステムが今までにまして世間に広まったのは、まだ記憶に新しい「秋葉原通り魔殺人事件」によってだった。その時、混乱の現場へ駆けつけた救急救命士たちは、道端に横たわる患者の様態に対してトリアージを適応。結果的に”その場に放置された命”が出てしまうことになった。

この一部分だけを見ると、ついつい批判的な眼差しを向けてしまいがちですが、しかし、もっと大きな視点でこのトリアージというシステムの台頭した背景を見てみると、今、安定した文明社会に生きる人間全てが自覚し、考え無ければならない大事な問題を抱えているように感じる。それはつまり、一人を救うのか、一人を見捨ててより多くの人を救うのか。というようなことが確実に訪れ得る大災害時に、この究極の選択を発動中の彼ら救急隊員たちに、僕たち一般人がどれだけ共通理解を持って接することができるのかということ。

これは何も救急医療に関してのみいえることではありません。例えば14年前の阪神淡路大震災で言えば、同時多発的に発生した火災は多くの家々を飲み込み、人々を炎の中に封じ込めました。多くの人が救助を必要としたにもかかわらず、消防隊員の数は全く足りなかった。早く炎を消さなければ多くの人が犠牲になってしまう。そんな中で話しかけられる、「あっちで生き埋めになっている夫を助ける手伝いをしてください」、しかし、目の前にも多くの要救助者がいる。ここを離れ、彼女の夫を救助するべきかどうか・・・。
トリアージ的概念があれば、このとき明確な指針が出来ます。人生に一度あるかないかの大災害時、隊員たちでさえなかなか正常な精神状態でいられるものではありません。「申し訳ないがここを離れるわけには行かない。」という言葉に対して裏づけがあるのとないのとで、どれほど心持が違うか。

NHKで先月、「阪神・淡路大震災~秘められた決断~」というドキュメンタリーを見ました。久しぶりに心をガッツリ打ち砕かれた映像だった。あれを見れば、大災害時の救命というものがどれほど壮絶な状態なのか痛感できるはずです。究極の選択が随所に存在し、それはわれわれに全く容赦なくやってくるかもしれない現実。この番組は多くの日本人が見て、そして意識の上で彼らの指針への共通理解を持っておくべきではないかと思う。

関連
---------------
NNNドキュメント08 トリアージ 命の選別 秋葉原殺傷事件の現場から

| | コメント (0) | トラックバック (2)

差別、それは歴史。

差別って何だろう。
若者が車を買わなくなった。貯金ばかりしている。金を使え。
高年齢者が資産を独占している。貯金ばかりしている。金を使え。
同年代にさえ生まれる収入格差。
その仕事オレに分けろ。無能は自業自得。

知らないうちに敵が出来て、
知らないうちに対立が深まり、
知らないうちに戦いが始まる。
革命がそうなように、戦争がそうなように、
権力は常にあちらこちらを漂っている。

歴史ってリアルに大貧民だよなあ。
しかも、僕らはのっけからこのゲームに参加させられる。
教育しかり、マスメディアしかり、根本のレールは親によってではなく、
歴史によって敷かれている。

でもきっと、それに抗う事は不可能じゃないはずだ。
僕は現在27歳。自営業。
どう贔屓目に見ても、低所得者層のど真ん中にいることは疑いようが無い。
だけど、思えばいつも僕は違和感を抱えていた。
高校卒業と同時にフリーターになったけれど、
就職口がなかったわけでも、大学にいけなかったわけでもない。
ただ漠然と、そこに行きたくなかった。
なにか感覚的に、今に乗っかるのが嫌だったんだろう。

そして僕は今、自分の目で世界を見たいと願う。
自分の目をなんとか信じられるように、
常にいろいろな事を吸収し、考え続けたいと願う。

大事なのは謙虚さだ。
たわわに実った稲穂がその頭をたれるように
そして静かに清い水面が、何よりも世界を映し出すように
謙虚さはその中に、絶え間ない未来へ続く可能性を見出す。
謙虚さの追求は、より自他を俯瞰した視点の延長線上にあると考える。

今を生きる人間は、自分たちが常に先端のより進んだ地点にいると勘違いする。
今なんて、500年後から見たら大昔だ。
僕らが”魔女狩り”を思い出し、また”原爆投下”を思い出すように、
”なんて低レベルな人間ばかりだったんだ”なんて思われるに違いないんだ。

愚かなことってどんなことなのか、
まだその判断を正確に出来るだけの知識は備わっていないけど、
少なくとも僕は、差別を餌にするこの経済システムを肯定したくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »