« 2008年6月8日付:とにかく気になってること | トップページ | つるの剛の歌唱力が規格外だった »

職務質問をされた体験談をもとに今、現時点を考えてみる。

年末年始ごろだったか、
池袋の駅構内を歩いていたら、突然30代だと思われる男性に話しかけられた。
スーツを着た普通のサラリーマン風の身なりだったので、なんだろう?と思ったら、
いきなり警視庁のバッジを見せられて(金色に輝く警察章のエンブレムが付いたかなりかっこいいやつ。)
警視庁のものです。と。
うおっとかおもって、
なんですか?っと聞くと、
ちょっとお時間いいですか?といわれる。
僕は駅にいるぐらいだから、これから電車で移動するので時間があまりなく、
いや、結構急いでいるんですけど。
といったものの、
ちょっとバッグの中身見せてもらいたいんですよ。
と切り替えされる。
本当に急いでいるんだけどな・・・とつぶやくように言いつつ、
渋々背中に背負っていたバックパック(大き目のリュックサック)を手前に持ってくる。
このとき、僕の表情はいやいやな感じだったんじゃないかなあと思う。
だけど、この警官は終始とても丁寧な物腰だった。
これって職務質問だよな・・・。なんで僕なんだろう?という疑問がわいてくる。
その当時、「オタクっぽい服装をしていると職務質問されるぞ」みたいなことがネット上で騒がれていて、
それを少し知っていたことによるショックもあったと思う。ああ、僕もオタクに見えるんだな。みたいな。

ただ、バッグの中身はほとんど空の状態で
別に怪しいものも何も入っていなかったので、
丹念に、細部にいたるまでチェックされたものの、何事もなく開放されました。

で、最近知ったんですが、これは法律的に相当微妙な行為らしい。
僕がオタクかどうかは置いておいて、
職務質問をするにはそれなりの条件をクリアしなければならない。
そう規定されている。
それが「警察官職務執行法
とりあえず彼には僕が職務質問をするに足る不審者に見えたんだろう。
僕は普通に駅の構内を歩いていただけです。
片手にハードカバーの書籍を持って、
背中にほとんど何も入っていないぺちゃんこのバックパック背負って歩いていただけ。
本来規定されている異常な挙動も周囲に対して何かしらの迷惑もかけていたわけではありません。

万が一、僕が不審者に見えたのなら、”職務質問”という名前のとおり質問することは出来きます。
でもそれだけ。基本的に、強制的な持ち物の検査は、すでに犯罪を犯した人に対してのみしかできない。
だから、僕は質問された時点で持ち物検査を拒否できた。
けどそんな法律しらなかったから従うしかその場を収拾する手段は思いつきませんでした。
自分たちの権力を見せることで、選択肢の少ない状況に持ち込み
無知にかこつけて結果的に円滑にぎりぎりのラインの行為を行う。
これは少しいきすぎだと思います。

なぜ今この話を持ち出したかというと、
例の秋葉原通り魔事件の影響で、コレまでに増して拍車がかかった強烈なことになっているからです。
これ、写真だけでもびっくりしました。
---秋葉原で十徳ナイフ(刃渡り5cm)所持のオタクが警察官10人以上に囲まれる

ただ誤解がないように、僕自身、この体験自体に対して
少なからず嫌悪感を覚えたことは確かですが、
それでどうこうしてやろうとか、ブログで愚痴をこぼそうなんてことは思っていませんでした。
むしろ、こういう活動によって事前に犯罪が防げるのならそれはそれで有効なことだと思うし、
実際に僕に職務質問をした警察官は全く横柄な態度でもなかったから。
それに、もしかしたらあの時、近くで犯罪が起きていた可能性だってある。
だからこういう行為自体を断固拒否しようとは思わない。
ただ、
ただ、
今、日本の警察という組織の現状が、相次ぐ不祥事ももちろん、痴漢の冤罪であったり、
職務質問という行為についても、僕なんかとは比べ物にならないくらいに重大な問題に発展しているケースもあって
だからこそ、法律をかなり逸脱して行動してしまっている現状がとても危険なことに思えます。
それらを見ると、僕の体験は、運よく当たりくじを引いたまだマシなケースになる。
実際にされて思うことは、これは警察官個人個人のモラルや質、教養によるところが大きいんじゃないかということ。

今回の悲惨な事件については、治安を任されている機関として何かしらの対策はしなければいけないのは理解できる。
だけど、今必要なのは効果的な対策であって、
とりあえずとか、格好だけでも見たいなメンツとか、点数稼ぎとか
そんなくだらないことで強化の対象をオタクっぽい身なりにしたり、
ドラマ顔負けの肩に手を触れただけなのを公務執行妨害として連行するみたいな、
そんな愚かなことは本当に勘弁してほしいと思います。
というか、それってただ自分たちの信頼を貶めるだけです。結果的に。

長くなってしまいましたが、明らかに理不尽な職質をする警察官は残念ながら存在しているので、
ぜひとも気をつけてほしいです。
でも全うに職務を遂行している警察官の方も居られるので(僕のケースもこっちに入れておきます。)
こちら側の最低限の協力として、わざわざ疑われるような行動はするべきじゃないと思います。
今秋葉原にわざわざナイフもって行くとか(十徳ナイフは微妙すぎますが)、よほど全うな理由でもない限り、ちょっとモラル低いと思う。正直。

気をつけるにはどうするかについては、以下はためになると思います。
[アキバ通り魔] 警察の不当職質に注意しよう

|

« 2008年6月8日付:とにかく気になってること | トップページ | つるの剛の歌唱力が規格外だった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40751/41541124

この記事へのトラックバック一覧です: 職務質問をされた体験談をもとに今、現時点を考えてみる。:

« 2008年6月8日付:とにかく気になってること | トップページ | つるの剛の歌唱力が規格外だった »