« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

キムタク主演のCHANGEについて僕なりの期待感

月9で、木村拓哉主演のドラマが放送中ですが、
これが35歳で初当選した若手議員が日本のトップを務めるという
聞いただけでもぶっ飛びまくってる設定で、
今のあの内閣を馬鹿にしている意識しているのは誰が見ても明らかなわけで、
さらにこの脚本家さん、何の因果か知らないけど名前が福田靖だったりします。
現首相と一字違うだけってどんだけw

なんてたぶん全然関係ないんだろうけど、
この福田さん、過去に「救命病棟24時」や「HERO」などを執筆しているかなりやり手の脚本家なんです。
両作品とも好きな自分としては、とりあえず今回のドラマも見させていただいています。

正直な話、今の政治を見ていたら、こんなストーリーが実際に起きてくれても、
もういいじゃん!なんつって、思ってしまったりしてます。
なんつーかいってしまえば逆の意味でドラマと同じようなもんだということです。
むしろキムタクに総理やってもらおうよほんとに。ぐらいのヤケクソ加減になってしまう。
だからこのドラマ、ばかばかしいようで、実際ほんと激しく的を得ているんじゃないかな。
あの福田さんのことだ。救命救急の現場、検察の現場を面白おかしく描いてきた福田さんだ。
この非現実的な設定を設けた裏には何かあるんだろうとしか思えず、
これから期待したいと思います。

それにしても、もう本当に、深津絵里さんいいわあ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

腐った世の中なんじゃなくて

僕らが見るべきなのはきっと

”腐った”世の中

なんじゃなくて

世の中の”腐った部分”

なんだよな。

おもしろきこともなき世をおもしろく
すみなすものは心なりけり

って句に、同じ意味合いを思った。

上の句は高杉晋作。下の句は野村望東。
晋作の死の淵に二人が詠んだというところも含めて
この句に意味がプラスされていくんじゃないかな。

下の句を読んだことをいらないことだと言う人は多いけれど
僕はこの二つのセットは絶妙なものだと感じた。
視点の多様性が開いていく展開を感じた。

人は知らず知らずの内に、想像以上の盲目さの中に浸かってしまう。
最近、そう痛烈に感じたことがあった。
正しいはずなのに、執着は歪みを生み、マイナスの状況へ動いていく・・・。
だからこの詩のバランスはとても大事だと思う。

腐った世の中じゃなくて、世の中の腐った部分を治そう。

そういうことなんだと

ふっと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時にはそんな弱音も吐こう

穿つ空

全てに始まりがあって
全てに終わりがあるなんて嘘だ

全てはいつも始まっていて
知らない間に終わっているんだ

僕らはいつもそうだったじゃないか

くそったれ。

くそったれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木曜洋画劇場「ファイナル・デスティネーション」

あー、テレビ東京でファイナル・デスティネーションがやってる!
懐かしいなーこれ。
すごくスリリングでおもしろいです。
しかもアイディアが最高にいいんですよね。
仕事があるのに見たくなってきてしまった・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

メモ:雑用

※気になったキーワードなどいろいろとストック。あいうえお順


アントワーヌ・ブールデル/0709
彫刻家。ロダンと並び賞される人物。
日本では、一般的にHercules the Archer(弓をひくヘラクレス)が有名。
--http://en.wikipedia.org/wiki/Antoine_Bourdelle


えみし/0709
日本における原住民族のひとつ。
遥か昔、近畿を中心とする大和朝廷と対立していた勢力。
これはあくまでヤマト側の呼び名であるが、
主に東北から北海道にいたる広い地域に住んでいたと考えられている。
アニメ「もののけ姫」の主人公、アシタカはこの民族の末裔という設定。
同時期、九州地方にも熊襲(くまそ)といわれる一大勢力の存在が、あったとかなかったとか。


温暖化論/0805
現在の一般認識としては、人類が地球の気温上昇にかかわっており、このまま行くと地球にさまざまな弊害を及ぼしてしまう。というの理論のこと。人間の活動(主に産業革命以降)に伴うCO2の増加がその最大要因とされている。
しかし、人類が、CO2が、地球温暖化における最大最悪の原因であり、CO2を減らせばこの問題が解決する。という部分、さらにはこれが現在すでに起こっている異常気象など、多くの弊害とされている部分の原因であるという因果関係についても、明確な答が出されてるわけではない。仮説の域にあるものがたくさんある。
にもかかわらず、世界の経済、政治は、この温暖化論の一説に固執し、流れてしまっている。
だからといって文明が今のままで良いとは決して思わないが、多くの一般人の盲目な思い込みと偏向的に吹聴しているメディアついてだけは、危険であるといわざるを得ない。特に現状の日本においては。
実は、1970年代には、地球は冷却するといわれていた。--地球寒冷化
この論理を疑問視する方向性を温暖化懐疑論ということがある。


温暖化懐疑論/0805
現在の温暖化に対する世界情勢を危惧する論理。
しかしその内容は、この問題の政治的な利用に対する警鐘だったり、CO2が温暖化の直接原因ではないとする人、さらにそもそも温暖化なんかしていないという持論を持っている人間など多種多様で、一概にひとくくりにすることは誤解の要因になりかねない。


共済年金/0709
国民年金・厚生年金保険に続く3つ目の年金制度。
全国の公務員が加入している。
共済年金の中にも、更に種類があるがそれは別の話。
この年金制度を問題視する声がある。


シーレーン/0709
国の貿易・戦略上、非常に重要な航路。
日本においては、台湾の横(南シナ海)を通りマラッカ海峡を経てインド洋へと抜けるラインがそのひとつ。
現在、一日に何百という大型船が行き来し
食品や原油など、僕たちの生活に不可欠なものが日々運ばれている。
日本は輸入依存度が極めて高いこともあり、生命線といっても過言ではない。
有事の際には、如何にこの航路を防衛し、確保できるかが鍵になるが
現状、自力でこれを完璧に守りきるのは不可能に近いという。


ジョン・ポール・スタップ/0709
ジェットコースター、F1、戦闘機などに乗った際、人間が受ける重力。単位は「G」。
昔はどの程度のGが人体にとって上限なのかということがわからなかった。
このGの限界点を知るには、実際にGを人体に与えて調べるしかない。
そんな命の削れるような危険極まりない実験に、
自らの体を使って挑んだ偉大な研究者。


心筋/0709
心臓の構成している筋肉。随意筋の特徴である横紋を持ちながら、不随意筋の働きをする、人体の中でも珍しい筋肉。随意筋とは、人間が意識的に動かすことのできる筋肉(手や足を動かす)。不随意筋はその逆、無意識的に自律神経によって制御されている部分(内臓など)。


スワッピング/0709
性的趣向のひとつ。
夫婦。カップルなどが互いのパートナーを積極的に交換し合い関係を持つ。
彼らをスワッパーと呼び、収入の安定した富裕層の人間が多く、
発祥も西洋の貴族の間で密かに楽しまれていたという。
国内に、月刊のスワッピング専門誌が存在する。


掃海隊/0709
海上自衛隊の部隊のひとつ。
その名の通り、機雷のような海洋における危険要素を取り除き、安全な航路を確保するための部隊。
機雷とは艦船の破壊を目的として、海底に敷設、浮流させる兵器のこと。
日本の近海には、大戦中に旧日本軍や米軍によってばら撒まかれた機雷が約6万5千個あり
特に危険と思われるものの処分は完了しているとはいっても、今現在もまだほとんどが海に沈んでいる状態である。
それらを取り除く危険な任務を戦後ずっと続けてきたのが彼らである。
処分の方法はいろいろあるが、
その中には機雷に直接生身の人間が近づいて処理を行う潜水部隊なるものが存在している。
残念なことに、今までに殉職者も少なからず出ており、
戦後に戦死した日本人が存在していることを、日本人は知るべきではないかと思う。
また、過去には朝鮮戦争に参加したり、ペルシャ湾での掃海作戦(1991年)にも参加している。


バナジウム/0709
ミネラル成分のひとつ。
人体に対しての効果において、最近、注目を集めている。
富士山の湧き水に多く含有しており、同時に注目が集まっている。
---バナジウムとは


パラダイムシフト/0805
---wikipedia/パラダイムシフト


マニュピュレーター/0709
音楽業界においては、シンセサイザー等を用い、指示に従ってコンピューター上で音を作る人間。
表立つことは少ないながら、かなり重要なポジション。
--http://www.smyhk.com/music/ongakugyoukai-43.html


メディアリテラシー/0805
メディアの発するさまざまな情報について、それを盲目に信じることはせず、そこにある偏向や誤報に気付き、正しい情報と、誤った情報とを自分の中で振り分けて吸収することができる能力。

| | コメント (0)

「地球危機2008 コンビニ弁当のマイレージ」という動画に思うこと。

地球危機2008という題名のテレビ番組で取り上げられた映像。

2008ってんだから放送は今年なんだろうけど、これはダメだと思う。

フードマイレージと自給率の現実。エネルギーの見えざる消費を報道するのはいい。
自分たちが日々、どれほど多くの人々のかかわりの中で生きているのかという部分は実感するべきだし、
一日何万トンもの食糧を捨てているこの国の異常性は見捨てられない。

だけど、
別に多くの論議が必要なはずの温暖化を安易に結び付けているあたり
残念というより、レベルが低いとしか言いようがない。
せっかくのいいネタなのに・・・しょっぱなから温暖化の助長とか言い切ってんじゃねーよ。
温暖化論に対する知識がなさ過ぎるからこういうことになってしまうんだろうな・・・。
真っ当な問題提起の上に悪気なく重ねてしまっているのが本当に怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若者だから、選挙に行くんだバカヤロウ

四の五の言わずに選挙に行け。

なんて言われたって、行きたくなるわけねえ。

僕もそう思っていたときがあった。

だけど、そうじゃないんです。

ほんとは若者であればあるほど、選挙に行くべきなんです。

投票率を見ると、若者は圧倒的なまでに選挙に行かない。

参議院議員選挙年齢別投票率の推移

だからなんだよ。

だから、選挙で選ばれるのは高齢者に人気がある人なんだよ。
だから、高齢者に向けて訴えた人が勝てるんだよ。
だから、若者のことなんて、考えなくなっていくんだよ。

これは誰のせいって、自分たちのせいなんだよ。
年配者が悪いわけじゃない。
自分たちが選挙とか行かないせいなんだよ。

選挙?いみねーじゃん。
給料安いし。正社員なんてなれねえし、金くれよ。
また選挙?行くか馬鹿。何が政治だ。世の中が変わるわけねーだろ。

こんなバカにはなりたくないんだ僕は。
とりあえずいけよ。
何もわからないのは、いい大人だって一緒なんだよ。
だけど、とりあえず行ってみろよ。

変わらないかもしれない。
政治なんてクソかもしれない。
だけど、文句をいえる最低限の立ち位置ってもんがあるんだ。

その上にしか、日本に対する絶望も希望も本当にありはしないんだよ。
そして、
中にまぎれた悪意に気づき、排除できるようになれたら最高だ。
何よりも子供とおじいちゃんおばあちゃんが笑いながら生活できる国になれたら最高だ。
この先にだけきっとこんな進路の一つがあるんだ。
僕はそこへ行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

24-TWENTY FOUR-の新作かなんか?[ロシア新大統領;ドミトリー・メドヴェージェフ]

ロシアの新大統領、ドミトリー・メドヴェージェフ
僕には彼がジャックバウアーにしか見えない・・・。

メドベージェフ大統領-- 1 - 2

ジャック・バウアー

ジャック、応答してほしい。
今度はいったいどんなミッションを遂行中なんだ。
プーチンの隣で、何をする気だ・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

矢吹シャルロッテのブログ見てください。すごいからw

自分、仕事柄もあってか
アイドルに関してはちょっとだけ人よりも詳しいと思います。
だから大抵の事では取り乱したりしないんですが、
今日、見事に取り乱されてしまった驚きのアイドルさんがいたので取り上げさせてください。
ほんとびっくりしたw

名前は、

矢吹シャルロッテ

なにが驚きってね、あれです。ブログのタイトルでわかります。
だからとにかく行ってくれ。彼女のブログに行ってくれ。

矢吹シャルロッテオフィシャルブログ『☆ワキ愛々☆』

そう、自分の腋を、、、もとい、
の生えた腋を惜しげもなく披露し、
売りにしています。

画像--ろって③
こんなの貼るまでもなくブログにたっくさんあります。

わき毛を売りにしている人は過去にもいましたが、
彼女が何より今の時代っぽいのは、
毛の成長過程をブログで公開していくっていうスタンス。
なんだよそれwフェチにはたまんねーんじゃねーのw

ということで、とってもいいと思います。っていうか斬新。
いいと思うけど、
なんか顔よりそっちの驚きが先になってしまうのはどうなんだw

真面目な話、
限りなくディープで絶対的な需要が存在しているのは間違いないですよね。
もしかしたらそんなフェティシズムな方たち以外にだって、
たとえば、いつもがんばって剃っている女性とか、
思いもよらないところで興味を持ってもらえる可能性すら秘めているし、
テレビにとったらこんないじりがいのあるネタないし
これがニッチな戦略としてどう成立していくのか、とても興味深いです。

こんな貧弱なブログで取り上げるぐらいしか力になれませんが、期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハッカ油でシロアリ駆除

突然ですが、
家にシロアリが出ました。
羽のついた奴がうじゃうじゃと。
調べてみると羽アリという奴ららしい。

羽アリにも種類があって、
この時期、4月から5月にかけてこういう状況になるのはヤマトシロアリというシロアリだそうで、

まあそんなことより気持ちわりいし、うじゃうじゃしてるし、
とにかく早急に何とかしたいと思ってネット上を徘徊していた時に見つけたのが
タイトルにもした「ハッカ油」というもの。

シロアリ対策ならまずこれをしてみてくださいと、
材木屋の息子さんからの意見でした。
木の専門家の意見きかんわけにいかんしww

っていうかそもそもハッカ油ってなんだよっていうところからなんですが、
ハッカはご存知のあれです。飴の材料になってる。
だからそれから抽出した油です。

調べてみるとこのハッカ、いろいろと良い効能があって、
お風呂に入れてもいいらしいし、紅茶に入れてもいい、
そしてなにより虫除けにもってこいなんだそうです。

早速近くの商店街へ。でも、どこにあるのかわからない。。。
最終的に薬局へ行ったら、やっと見つけることができました。
あ、でも、たぶん薬剤師さんに聞くべきだと思います。
普段話せないからとかいって、
若い女の店員さんにここぞとばかりに話しかけてもきっと知りません。
ていうかそれ僕なんですがw

で、これをかなり薄めて、スプレー容器に入れ、
羽アリが沸いたあたりにシュッシュッと吹きかけるだけです。
後は気づいたときに、こまめに振り掛ければ、そのうちでなくなるそうです。

効果のほどは、まだわかりません。

ハッカ水の作り方およびいろいろハッカ油の使い方は以下で
ターザンが教えてくれた - 薄荷水の効能・夏


結果報告の記事はこちら。
結果報告:ハッカ油でシロアリ駆除

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »