« 「G県厨」という秀逸な教材について | トップページ | おもしろいコント »

「ホテル・ルワンダ」そして「Million Voices」

ホテル・ルワンダを見た。
内容というかできばえはというと、、、ちょっと残念に思った。

国内の映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」
も同じ感想を抱いたんですが、
映画としてのできばえと、
扱う題材の重要性は別に批評されなければいけないと思う。
意義という意味で言えば、
両者とも社会に対して推し量れないぐらい重要な意味合いがあったと思う。

ルワンダ紛争の経緯を紐解いていくと、
アフリカという大陸の歩んできた道のあまりの理不尽さに怒りがこみ上げてくる。
いい部分のみならず、悪い部分においても
世界というものが、確かにつながった一つであるということを痛感させられる。

でもだからといって、映画としての出来上がりがどうかという部分は、
やっぱり全く別なんだよ。
ルワンダ紛争の映画としてもう一つ「ルワンダの涙」というものがありますが、
僕はそちらのほうが良い出来だったと思います。

それから、タイトルにもしましたが、
この映画のエンディング曲「Million Voices」が相当よかった。
この曲を聞かせるために、この映画作ったんじゃないかというぐらいに、
ルワンダ紛争を知った後で聞くと相当しみる曲です。
歌詞の和訳を載せておきます。

「Million Voices」
(ルワンダ紛争で犠牲になった一般人の数が100万人といわれている。)

子供の声:
私の上に太陽は いつ戻るんだろう
取り返してくれるのは 誰なんだろう

ルワンダ ルワンダ

“選ばれるものは少ない”
ルワンダの流血には選ばれたくない
“メシャクらは火の中に入れられたが焼けない”
私はルワンダで焼かれたくない
“人は行いによって裁かれる”
それならアフリカよ お前の値打ちは?

地上の金やダイヤや財宝を集めても
ルワンダには換えられない

子供の声:
私の上に太陽は いつ戻るんだろう
取り返してくれるのは 誰なんだろう
(子供たちが泣いている 聞こえるか?)

アメリカが アメリカ合衆国なら
なぜアフリカは アフリカ合衆国になれない?
イギリスが 連合王国なら
なぜアフリカは王国を集めてアフリカ連合王国になれない?

子供の声:
私の上に太陽は いつ戻るんだろう
取り返してくれるのは 誰なんだろう
(子供たちが泣いている 誰か聞こえるか?)

天も泣く
イエスも泣く
神様 聞こえましたか?
私の叫びが聞こえましたか?
救ってくれますか?
ルワンダのことを話したい
ルワンダにこの歌を

|

« 「G県厨」という秀逸な教材について | トップページ | おもしろいコント »

コメント

”アフリカという大陸の歩んできた道のあまりの理不尽さに怒りがこみ上げてくる。
いい部分のみならず、悪い部分においても
世界というものが、確かにつながった一つであるということを痛感させられる。”
の部分について、もう少し具体的に教えていただけませんか?

私もあの歌に感動しました。意味を知らなかったのでメモさせていただきます。

投稿: | 2009年3月 2日 (月) 01:48

コメントありがとうございます。
具体的にとのことなので、少し長くなってしまいそうですが書きます。

ルワンダ紛争の一因が、ドイツ・ベルギーの行った植民地政策にあります。
民族間にもともとあった小さな差別意識を、優遇政策やデマによって大きくしてしまった。むやみな例えは危険ですが「東京人と大阪人」ってちょっとなんかライバル意識ありますよね。それを殺し合いになるほどの差別に変えてしまった。

1800年代後半から、アフリカの8割以上の大部分がヨーロッパの植民地となって搾取されています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%88%86%E5%89%B2
さらに、その前には奴隷貿易といって、黒人が物として売られていました。
イギリス・フランスなどが優雅な暮らしが出来ていたのは、そういう裏があってのことです。

現在、その負い目からか、「ホテル・ルワンダ」のようなアフリカの悲劇を取り上げる映画が多くなり、また、フェアトレードの概念も広がりつつあります。
これは昔に比べればまだましになってきた証なんだと思いますが、正直、彼ら旧宗主国の行ってきた行為がこれからアフリカをどこまで苦しめる結果になるのか、僕には想像もできません。

投稿: ippei.T | 2009年3月 3日 (火) 00:56

分かりやすい解説ありがとうございました。
過去の植民地支配が今もこれからもアフリカを苦しめ続けるんですね。
あと、「ルワンダの涙」も見てみました。
本当に良かったです。
もっと自分でも調べてみようと思います。

投稿: | 2009年3月 6日 (金) 17:33

「ルワンダの涙」いいですよね。
日本に生まれた僕たちは本当に幸せだと思います。
願わくば、アフリカから、世界から、憎しみの連鎖が早く消えますように。。。

投稿: ippei.T | 2009年3月 8日 (日) 20:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ホテル・ルワンダ」そして「Million Voices」:

« 「G県厨」という秀逸な教材について | トップページ | おもしろいコント »