« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

「芸術とは何か」に触れる

「芸術とは、人を驚かせることである」
とは、ある書籍の題名。
もしかしたらこの膨大なネットの海、
さらにはこれまで延々と流れてきた悠久の歴史の中には
こんな発言をした人はたくさんいるのかもしれない。

だけどとにかく、僕はこの本をアマゾンで見つけたことで、
その「キーワード」「意識的なニュアンス」を知ることができた。

ただの題名、されど題名。
たった一文だけなのに、いろいろと思い巡らせてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひかるのビデオ日記

なんだよこれは・・・

とりあえず、頭をかきむしりたくなります。
もうすげえむかつくんだけど、
なぜだか見てしまうっっていう微妙なラインを駆け抜けていく
とても不思議な感覚に襲われました。
どうやら出演してる女性は「古都ひかる」という人らしい。
現時点で#1から#9まで、同じシュチュエーションの動画が公開されています。
何がしたいんだろう・・・

あ、でもこれ、あれに似てるんだよなあ、、、あれ。
そう、これだ!
「こんにちはーマギでーす」

明らかにこれが頭をよぎりましたw
この子、素人で、しかも日本人じゃないし日本に住んでもいない。
けど日本がとても好で、いつか日本に行きたいなんつって
日本語で話しかけてきます。
公開されている動画の量もハンパじゃなくて、
さらには日本のみならず世界中でアクセスがすごいことになって、、、、

で、終いにはこうなりましたwww


なんと「GYAO」がコンタクトwしかもスタッフさんのがきれいじゃね?w
まあそれはおいておいて、、、
これはたぶんマギ伝説の始まりに過ぎないと思うので、
とりあえず、頭の端っこのほうで密かに注目していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

止まってみた

ある日、街を歩いていたら、突然目の前の人間の時間が止まる。
自分はいたって正常なのに
目の前の数十人の人間は、時が止まったように動かない。

そういういたずらw

ある意味アート。ある意味ただの悪ふざけ。

アメリカの駅で、そんな大それた企画が実行された動画がいろいろなところで飛び交って、
それに感化された日本人が、銀座のど真ん中で同じ企画を実行している映像。

二番煎じは個人的にあまり好きじゃないけど、
これはかなり面白かったですw

「止まってみた」

元祖の企画はやっぱり群を抜いてる。
「駅にいる200人が突然動かなくなるドッキリ」

今後、大阪、名古屋でも計画中らしい。
なんか軽犯罪法に触れる触れないとあるけど、
パフォーマンスアートって結構そういうものの気がしてました・・・。
というか大体、これ以上にもっと取り締まるべき問題は多々多々あるはず。
そんな主張もほのかに匂わせるあたりもなかなか粋だね。
とにかくこれはアートとして一級品レベルだし、日本の警察のセンスが問われるんじゃないかと思う。

別の企画で、「Freehugs」というものもあり、
正直この非じゃないぐらい世界的に有名なパフォーマンス。
こちらも日本で試みている人がいましたが、
欧米に比べて日本の気風にはなじまないんじゃないかと思ったりしました。
でも、やっぱ元祖の動画は相当いいです。必見。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

国境をぶち壊す交流。組曲「ニコニコ動画」

大筋だけ。

ニコニコ動画という日本版ユーチューブみたいな存在のホームページ上で、
組曲「ニコニコ動画」という日本のオタクが大好きな曲を寄せ集めた音楽集が流されている。
これに台湾のオタクたちが自作の映像と合唱を付けて同ホームページ上に公開した。
目的は日本の漫画・ゲーム・文化が大好きという純粋な思いを伝えるため。
これが日本のニコニコ動画ユーザーの心を鷲づかみ、大きな波紋を呼んだ。

そして今度は日本の有志が集い、お返しの動画を作り公開した。
とてつもない力作で、その動画にコメントとして台湾からの感謝の言葉などが付けられると、
見ているだけでこっちはフルフルと震えて涙ぐんでしまう。

さらにまだ終わらない。次にその一連の状況に感化された香港の女の子が、
ひとりでこの曲をカヴァーした動画を公開。
「台湾人じゃない私もとても感動しました。」
「日本の皆様の親切を感じてうれしかった。」
「香港は狭くて盛大なことはできないので、今はひとりで歌うのが精一杯です。」

これが昨年12月までの出来事の大筋である。
でかい枠では、いろいろな問題が取りざたされている最中に
水面下のオタクの間では、こんなことが起こっている。
これは進行形で進んでいる出来事だから、
(早速、今年に入ってイスラエル人からも動画が投稿さている)
もしかしたら今後、もっと大きなムーヴメントに発展するかもしれない。
発展してほしい。

世界を変える力があるとすれば、
きっとそれは世界中の多くの若者たちの純粋な気持ちしかない。
若者たちの熱くたぎる心しかない。

それだけがあれば、
宗教も差別も言語も超えて、国境はぶち壊れるだろう。
ちっぽけなアイデンティティは取るに足らない意識になるだろう。
チベットであろうと、イラクだろうと、パレスチナだろうと、それは変わらない。

この世界の架け橋はになるのはオタクであってほしい、若者たち、子供であってほしい。
一部の腐っていない大人たち、先輩であってほしい。
そしてインターネットとアニメがあれば、それが可能かもしれないと思ってしまう。

気持ち悪くてすみません、でもね、絶対そうなんですよ。
みんなが笑っていられる世界を、どうにかして目指したいじゃないですか。

台湾からの投稿動画
ニコニコ動画
日本から台湾へのお礼動画
ニコニコ動画 : youtube転載版
香港の女子高生の投稿動画
ニコニコ動画 : youtube転載版
イスラエル人の投稿動画
ニコニコ動画 : youtube転載版

最後に、他方でこんな動画もある。
「ハレ晴レユイカ」という日本アニメの曲に乗せて世界中の人たちが踊っている動画寄せ集め。
数えてみると31ヶ国ものさまざまな人たちが取り合げられている。
共通することはただ一つ。アニメが好き。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

チベット問題と交響詩篇エウレカセブン

チベットの問題がとてつもなくスポットを浴びてますね。
正直、オリンピックの開かれる今の時期になぜ?っと思う人もいるかもしれないけど、逆にいえば、だからこそここまで注目された。ということもできるはず。

少し前に、チベットの巡礼者に対して行われた衝撃の映像が、youtubeにアップされて話題になりました。

こんなの取り上げちゃっていいのかわかんないし超こええけど、チベットとチベット仏教徒に対する迫害の悲惨さは、正直上げたらキリがない。この機を逃してはいけないと思う。オリンピックのために死に物狂いでがんばった各競技の選手には本当に申し訳ないですが・・・。

そして唐突に僕のリスペクトして止まない「交響詩篇エウレカセブン」というアニメの話。絵のタッチ、音楽、ストーリー、全てにおいて最高のプロジェクトでしたが、この中に、上記で上げたような諸問題の一端が、とても重要な役割をもって出てきます。

それが「ヴォダラク」という架空の宗教。この名前は、チベット仏教の本拠地に建てられている宮殿「ポタラ宮」の語源である「ポタラカ(補陀落)」からきていると考えられます。意味は観音菩薩がすむとされる山の名前。よく見れば「ボダラク」と読めますよね。しかも、ヴォダラクの教徒たちの総本山は「ヴォダラ宮」というんですね。もう意識しているとしか思えない。

ただ、誤解がないよう付け加えておきます。前提としては、彼らも政府からことごとく迫害されています。そこは一緒。でも、さらにヴォダラクの場合、過激な反政府運動、テロ活動を行っていて、全世界から犯罪集団のように見られているという状態です。チベット仏教徒の場合は、たしかに若い僧侶の一部で過激派がいるにはいますが、小規模な上に、抗議の手段として選ばれているのは「焼身自殺」です。自らの身を燃やすことで、それですら静かに成仏することで、自分たちの精神性の高さと同時に、どれほどの思いを持っているのかを痛烈に示します。なので、過激な反政府勢力というイメージは、多々ある宗教問題の状況をおり混ぜているのだろうと思います。

ということで、だからなんだといえばそれまでですが、エウレカセブンというアニメは、一つの宗教についてさえ、そこまでネーミングにこだわる位、ディテールに力を入れているということです。これは、説明するより少しでも見てもらえばすぐに気づきます。(あるいはウィキペディアに行けばわかるはず。)

チベットの問題だけじゃない、現実世界にはいろんなところに民族・宗教・思想の問題があり、それらが複雑に絡まったさらに多岐にわたる悲劇が存在しています。そんな嘆いても嘆き足りない世界の闇を根底に含んでいるからこそ、主人公とそれを取り巻く仲間たちの純粋で愛くるしい気持ちが生きてくるのだと思う。

最終話でシンボルとして示されるあの月、マジたまらない。

「あの月を世界のみんなが毎日見上げれば、争いなんてばかばかしいって思ってくれるんじゃないかってそんな風に考えた。」

いつぞやのインタビュー記事で制作者さんがそんな風に語っていた。ほんとかっこいい。きれいごとを言うなら、やっぱり世界の絶望を誰よりもちゃんと知っているという前提がなければまったく説得力なんかないんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松木里菜-田舎に泊まろう

見逃したよ・・・
あんだよ、涙のお別れシーンしか見られなかった・・・。

松木里菜さんを初めて見たのが2006年の2月
その頃から比べると、本当に目にする機会が増えて
僕は全く全然これっぽっちも関係ないのにすごくうれしい。
で、とりあえず、まずいっておきたいんですが、

「松木里菜」だから。

「松本」じゃないから。

マジで、訪問してくれるのはありがたいんですが、
本名より「松本里菜」で検索してくる人のが多いんです。
それじゃあ画像検索引っかかりません。そしてここには画像一つもありません。
ごめんなさい!!!!!

所属事務所Googleいってください。
(ココだけの話、事務所さんに貼られている画像、ローカルに保存するとウェブ上で見るより大きいサイズで見れます。)

話脱線しましたが、
とりあえず田舎に泊まろう。の話。
数分しか見れなかったのが相当悔しい。
こうなると放送全部みたいじゃん。
そうすると、誰か録った人いませんか?ってことになって、
10年前だったら友達や同級生に聴いてまわってビデオテープ借りたり
なんだったらダビングしたりするけど、
今の時代はネットがあるから、
2chの実況chにいって田舎に泊まろうスレで状況を確認して
その後、全国(なんだったら全世界)に向けて録画した人を探して、
さらに宅配してもらうのもあれだから、
データをどこかにアップしてもらってダウンロード、、、
ってなことになっていく。

これって相当グレーな感じの行為なんだけど、
近い将来必ず違法になっていく(いまのままだと)。
つかもう違法かな。

今も昔も、やっていることは変わらないはずなのに、
同じことがネットだからってことでダメになってしまう。
不思議なことになってまいりました。

松木里菜さん関連の記事(サイト内)
松木里菜
松木里菜(2)
松木里菜出演CM

| | コメント (0) | トラックバック (1)

宇宙ヤバイ

とにかく、宇宙がまじでヤバイらしいww

宇宙ヤバイ

あと、
おとといの13日、橋下知事の朝礼で、彼に勇敢に立ち向かった女性職員がいましたが、
彼女、どうやらちょっとした背景をお持ちだったらしい。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1103438.html

リンク先に張られている動画はスカッとする&少し笑える。
大谷さんマジごもっとも。
制作サイド(ただ男の局アナの持論?)の着地点決め決めな感じの進行がいけ好かないけど、
結果的に見れば、こういう形が報道というかメディアの本来あるべき姿なんだろうな。
いろんな見方や思想があるんだっていうのが、まじまじとよくわかる。
そしてどちらにも正しい部分がある。。。

正直、目を背けたくなるほど莫大な借金抱えた自治体の職員なんて、
生半可な覚悟じゃできないよな・・・。
自分が作ったわけではない借金のために苦汁をなめることを義務付けられてるんだから。
僕だったらちょっと無理かもしれない・・・。
そんな中で知事になるとかどんな覚悟だよ・・・。それだけでも尊敬に値するよ。
橋本知事、ほんとがんばってください。
府民じゃないし、第一僕みたいな奴に言われてもむかつくだけかもしれないけど。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今、僕にできること

080309
今、僕にできることがあるとすれば、
それはこの世界を真に理解する努力を
常に怠らないということだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裁判・介護・涙

マジでボロ泣きした。
感動とは違う感情・・・。
ほんといろんな人たちが
いろんな人生を送っているんだね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »