« 切手のないおくりもの | トップページ | 世界柔道がわからない »

メモ:070908

オーガニック・ギルドというブランド。
・安心して食べられる商品の提供。
・有機栽培による商品を扱う。
・原料は輸入品に頼ってしまっているのが現状。将来的には国産にしていきたい。
・値段は割高?。
---オーガニック・ギルド- ORGANIC GUILD

有機栽培による古代米の生産を行う農家。
・もともと農業ではなく、東京で働いていた。
・独自の農法を確立し成功。(たとえばカブ?の幅、近代農法では約12センチを27センチにした。
・初年度の目標売り上げ:100万→現在の売り上げ:6,000万円(もちろん用地も拡大している)
・値段はコシヒカリの2倍。それでも十分需要がある。

------

有機作物に目をつけている業者は結構ある。
輸入品は輸入に耐えうる作物しかないため、やはり国産が欲しい。
しかし有機農家は圧倒的に少ない。

------

有機栽培はコストがかかるが、
それによる値上げを理解できるだけの意識が消費者側に生まれつつある。
中国の食品の問題で、それは加速したふしがある。
低価格が先行する時代は去りつつある。
これからは安心・安全・モラルがニーズの最上位にくる。それに見合う価格。
欧米で一般的になりつつあるフェアトレードの概念に通じるものがある。

現在、大半の農家が組している流通システムよりも、
オーガニック、有機栽培の方向を模索したほうが生き残ることができるかもしれない。


//テレビ番組の特集を見た際の覚書&自分の考え。

|

« 切手のないおくりもの | トップページ | 世界柔道がわからない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メモ:070908:

» ヤラ [スイレン]
海兵隊 タヒチ 今回の最高裁による判断で [続きを読む]

受信: 2007年9月10日 (月) 22:41

« 切手のないおくりもの | トップページ | 世界柔道がわからない »