« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

切手のないおくりもの

「切手のないおくりもの」っていう曲を知ってますか?
たぶん、題名を知らなくても、曲を聴けば、
あ、知ってる知ってる。
という人が多いと思う。

なんか、いつまでも耳残っているとてもやさしい曲です。

願わくば、
僕もこの曲のような存在になれたらいいなと思う。

何気ないようでいて
だけど心の端っこにいつまでも香っているような
そんな人に。。。

「切手のないおくりもの」  作詞・作曲:財津和夫
------
わたしからあなたへ  この歌をとどけよう
広い世界にたったひとりの  わたしの好きなあなたへ

年老いたあなたへ  この歌をとどけよう
心やさしく育ててくれた  お礼がわりにこの歌を

知りあえたあなたに  この歌をとどけよう
今後よろしくおねがいします  名刺がわりにこの歌を

わかれゆくあなたに  この歌をとどけよう
淋しいときにうたってほしい  遠い空からこの歌を

わたしからあなたへ  この歌をとどけよう
広い世界にたったひとりの わたしの好きなあなたへ
------

| | コメント (0) | トラックバック (1)

腐らないおにぎり

少し前の記事なのですが、
とても意義のある実験をしている方がいました。
コンビニのおにぎりの腐るまでの観察記録です。
各社のおにぎりをひたすら一ヶ月以上観察してくれています。

『衝撃!コンビニおにぎりは腐らない!?』

僕自身、同じような不信感から、
この商品群を全く食べないようにしていたのですが、
実際にどんなものなのか見たわけではなかったので
こちらの認識を改めなければいけない部分、
やはりそうかと思う部分などいろいろとあって、
とても興味深かったです。

以下、実験をする上での主な条件など引用。
-----------------------------------------
●コンビニのおにぎりは、冷蔵保存でどのくらいもつのか?
●手作りおにぎりとの差はどれくらいでるのか?
●コンビニによっては、保存料や合成着色料を使用していところもあります。
-----------------------------------------

いや、、、それにしても、一ヶ月たってもカビが生えないおにぎりって・・・
どんだけ~

不二家の出来事が、とても遠い日のことのように思えます。

不二家の報道に思う

あのときに
こういう食の安全全般にかかわる諸問題とか、疑惑とか、
いろいろと追求する絶好の機会だったはずなのに、
当事者を責めるだけで終わってしまった。
全然、根本的な問題解決になってないんですよね。それってきっと。

と、、、カントリーマアムを食べながら思うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

松木里菜出演CM

かねてから勝手に注目している松木里菜さんが
チューリッヒ(zurich)という企業のCMに出演していますね。

相も変わらず綺麗なので
勝手にとりあげさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供と過ごす夏休み

巷は夏休みです。
子供が学校を飛び出し、街にあふれる季節です。

東京でも、子供のためのイベントが目白押し。
僕もそんなイベントに、仕事として参加してきました。
いや、子供と一緒に過ごしてみるのも
たまにはいいものですね。

彼らの純粋さを垣間見ることで、
少しだけ、けがれた自分や世界を忘れることができるのかもしれない。

距離感をつかみにくい子供っていう人種が、
とても苦手な気がしていた自分ですが、
彼らはそんなことお構い無しに、本当にずかずかと入ってくるから、
それはそれで気持ちがいい気分になります。

普段の自分が、考えすぎているのかなとか
まじめに人間関係を見つめなおしてしまったりしました。

悪がきや、成長したら男を手玉に取るだろうなという片鱗を見せ付ける末恐ろしい女の子や、
いろんな子供と出会いましたが、
みんなみんなかわいかったですね。

自分の血を分けた子供だったら、
どれほどいとおしいかわからない。

うん、絶対に、彼らの笑顔を絶やすような世界を作ってはいけないな。
僕らがそれを忘れちゃいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地雷を検地するセンサーの開発

http://www.asahi.com/science/update/0813/TKY200708130167.html?ref=rss

日本の大学で、
爆薬を検地できるセンサーを開発しているとの記事。

平和をただ願うだけじゃなくて、
そのためにがんばっている人がいるというのは
とても心強いですよね。自分も何かしなければと思えてきます。

日本に住んでいる多くの人は、
たぶん、戦争という言葉を毛嫌いすることにかまけて
今の世界の現状や常識、
日本のおかれている立場や、
そういう問題を見ようとしてこなかったと思う。

そんなこと、
世界のほとんどの人たちだって、
同じように平和な生活がしたいと願っている。
戦争がいけないことだってわかっている。

でも今、現に戦争はなくなっていない。

僕は日本人として、
もっと世界に目を向けて、世界を知って、
それでも尚、平和を願う人間でありたいと思う。

ただ無知な平和主義者にはなりたくない。
それじゃあただの偽善者だから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マイノリティー」について

「好き」。
褒められること。
いい映画を見終わった時。
斜面を滑走している時。
唄うこと。
描くこと。
お菓子。
煙草が嫌いな自分。
想像すること。
世の中を考えてみること。
議論。
自分が特別であると感じること。
季節の匂い。
好きな音楽を聴けること。
笑うこと。
日差し。
お父さん。お母さん。おばあちゃん。まぁいちお弟。
笑顔。君の笑顔。君の目。口。面白いところ。笑いのツボが一緒のところ。全て。君を好きな自分。自分。

「嫌い」
学生時代の勉強。
片付けられないこと。
暑過ぎる時。
真冬に外出する前。
内開きの玄関。
人ごみ。
暴力。心を踏みにじる。見下す。
ゴキブリ。ジェットコースター。ホラー映画。
カラオケボックスのタバコ。タバコ。
自分の中に閉じこもってしまうところ。
親不孝なところ。
はっきりしないところ。
プライドばかり高いところ。自分の心。自分。



「個性を育てる」というスローガンが長く巷に広がった中で育った僕は、
きっとこの言葉に対して特別な何かを感じている。

いつでも「人間はみな唯一の存在でなくてはいけない」と強く感じているのかもしれない。

だから僕はマイノリティーについて考える。
でも考えてみればみるほど
僕は初めからマイノリティーの塊だった。

同じ人間なんているわけが無い。
今、パソコンに向かってこの言葉を書き綴っている僕は
世界に僕一人だけだ。


これ、3年前の日記に書いてありました。
こんなこと考えてたのかよ自分、と思ったけど
このときは、このことで本当に悩んでいたんだと思う。
今は、もっと先にいるってことなんだろう。そうさ、きっとそうなんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松岡洋子がすごい

画像のお探しでアクセスされた方、
そういうのは一切ありません。。。すみません(´・`)

今日、偶然、生で松岡洋子さんを見ました。
ほんとね、マジで半端なくかわいい・・・。
浴衣とか着ちゃって
ちょっと予想以上で、、、かわいい以外に言葉が思い浮かびません。

いやー、
松岡洋子さんファンの方、
見る目ありすぎ。

知っているに決まってますが、
松岡洋子さん関連サイトURLです。
http://www.centforce.com/profile/t_profile/matsuoka.html
http://www.ocn.ne.jp/toku/tj/
http://ameblo.jp/matsuoka-yoko/

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »