« 2006年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年1月

不二家の報道に思う

不二家凄いことになってますね。
僕の地元にも関連の生産工場があって
そこもニュースで取り上げあられていました。
つぶれてしまうのかな・・・。

僕は甘いものが大好きだし、
性格も甘いのかもしれませんが、
正直こんなによってたかってイジメ抜く社会のあり方もどうかと思います。

不二家の体質が良かったとは思わないし、
どちらかといえば責められるような状況に自分たちで追い込んだ経緯だってあるし、
擁護しているわけじゃないけれど、

僕はもう2.3年前から、この商品だけは絶対に食わない
と心に決めた食品があります。
それは不二家さんなんかより全然非人道的なことをしている。
だから実態を知ったら食えない食品なんて
この世界中に溢れまくっているし、
不衛生なキッチンで食べ物を作っているレストランだってあるかもしれない。
それを、不二家がそうだとしったらそこだけを攻撃しまくる・・・
ちょっと程度が低いと思ってしまう。

もしかしたらあなたの留守中に家の食器にゴキブリがはっているかもしれない。
でも知らなければ普通に使ってしまう。

頼んだ料理に髪の毛が混ざっているのを知っていたらちょっといやだけど、
知っていなければ食べてしまえる。

その危険を徹底して排除しなければならないのが企業だけど、
賞味期限がすこし切れたものを使用した所で生命の危機になるんでしょうか。
虫を食べたら死ぬんでしょうか・・・。
食べたくはないですけどね。
食べたくはないし腹立ちますけど
それよりも、
僕は1日に何十トンもの食糧を無駄に捨てている僕を含む自分たち日本人の方が、
改めることがたくさんあるんじゃないかと思う。
世界の半分以上が十分な食料が無い時に、
大食いがどうのと騒いだり、
これが嫌いだと残している日本人を、
彼らはどんな目で見るだろう。

僕はすごい麻痺をしてしまっている。
食品はお金で買えるものだと普通に思っている。
安心で安全で綺麗なものを提供してもらえると普通に思っている。
けど、そうじゃない。
そうじゃないし、元来、食べ物というのは育てて採取して・・・
そういう不確実な生ものなんだ。
そりゃ傷んでいる事だってある。

僕は不二家のお菓子には相当お世話になっているし、
この問題があった後でもたぶん売っていれば買う。
出来ればこんな自体を二度と引き起こさないような対策をして、
もう一度立ち上がって欲しい。

今回の不二家さんの一件で
一ついいことがあると思うのは、
同じような体質だったどこかの会社が、
改善するかもしれないということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2007年6月 »