« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

最新作フォーガットン

以前紹介した超面白そうな作品
「the forgotten」
その頃は丁度アメリカで公開され始めたところで、
総動員数で一位になっていたと思います。

その「the forgotten」が
この度やっとこさ日本でも公開されることになりました。


「フォーガットン」

やっとですよやっと!
以前紹介したの半年以上前ですからね。ほんと。

いつも思うのですが、
この時差って何とかならないんでしょうか。。。
海の向こうでは既に完成して公開されているものが、
半年も待たなければ見ることが出来いないなんて
こんな情報化社会にふざけた決め事ですよね。。。

あ、もう一つ、

タイトルにもしましたが、日本での題名は「フォーガットン」
あの・・・英語表記のままで読めますけど!!!
同じ国民の英語力なめすぎっす。

と、ついつい愚痴ってしまいますが、
何はともあれやっと公開です。
早くみたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お天気おねーさん

皆藤愛子さん。
CXに出てるお天気おねーさんです。
ってもうみなさん知っているのかな。。。

僕は仕事のサイクルじょう
朝のあの時間帯に起きていることはほぼ無くて、
はじめてみたのはついこの間、
夜更かししすぎて明け方になった頃でした。

本当に偶然テレビつけたらこの人がでていて
ほんときれいな人だと思いました。
きれいでかわいいっつーの?
とにかくびっくりです。
ってよくみりゃ1984年生まれかよ!年下じゃんか(゚Д゚)
おねーさんとか言ってる場合じゃねーなこりゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

記憶をなくしたピアニスト。



記憶喪失のピアニスト

海辺をびしょぬれでさまよっていたという彼。
精神的に相当のショックを受けたらしく、
記憶が無かったそうです。
でもひとたびピアノの前に座れば、
プロ級の腕でピアノを弾きこなす。

不謹慎ですけど、
何か映画の主人公みたいでものすごくかっこいいですね。
早く身元が分かることを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

世界は100人の村

つい先日、フジテレビで
「世界中がもし100人の村だったら3」
というのをやっていました。
3ていうくらいなので3回目なんだろうけど
僕は今回はじめてみました。

内容はものすごいディープなもの。
12歳で母親と2人の弟を養うことになってしまったごみ山に住む少女や、
8歳で親に捨てられ、13歳で一人出産を経験した少女のお話などなど
ちょっとカルチャーショックを受けるものばかりの内容です。

そんなのみていると、僕何やってんだろうと。

ごみ山に住む少女のお話なんて、
父が殺され母は病に倒れ、
ごみをあさってやっと稼いだお金も、ほとんどは母の薬代で消えていく。
2日間、幼い弟もみんな何も食べられず、
ごみ山に捨ててあったアメの袋を一つずつ確認したりしている。

13歳で母親になった少女などは
赤ん坊が栄養失調になり、薬とミルクが必要なのに
それでも赤ん坊が原因で職は見つからず、本当に深刻な状況に陥っていく。

こんな現場を撮影しているスタッフは、
なにか物を与えないように努力しているのだろうか。
少女たちの言葉は、
直接的には言っていないけど、
テレビカメラの後ろにいるスタッフに、
私たちを助けてくれと訴えているように思えました。
撮ってないで助けてと。。。

所詮、何をしても偽善でしかなくて、
撮影に行っている人も
こんな番組企画した人も、
結局日々食べる物に困ることなんて無く生きている。
そう思うと、何かとてもやるせなくなってくる。

なにより食べ物をたべながら、
それでも番組を見ることを止められない自分自身に
腹が立って泣きそうになった。

なにが出来るだろう。
同じ青い空の下で、みんなが本当に笑えるために、
なにが出来るのか。
何か本当に、真面目にそんなことを考えてしまった。

思えば、撮影に言った人間が、一番心を痛めているに違いない。
僕なんかより数段ショックを受けたと思う。
しない善よりもする偽善のほうがまだましだね。
撮影スタッフの勇気をたたえつつ、
未来のために
僕は自分の力が何の役にたつだろうかと考えながら生きていきたい。
出来るんだろうか。。。やらなきゃいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自然の神秘

これって合成じゃないですよね。
自然ってすごい。。。

010203

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漫画家の話。

漫画家の話。
「TOKYO TRIBE」や「隣人13号」で知られる井上三太さん
ほら、ファッション誌「BOON」で連載している奴です。
それでもピンと来ない人、絵を見たらきっと分かると思いますよ。
というか僕自身、
最近まで井上さんの絵が好きだったのにも関わらず、
作者の名前知らなかった人です。すみません。。。

はたまた、
窪塚洋介さんの主演した映画「ピンポン」の原作者でもある人気漫画家、
松本大洋さん

知っている人は分かると思いますが、
二人とももの凄く独特な絵とストーリーを描く
才能の塊みたいな漫画家さんです。

さっき知ったんですが、
その二人がですね、なんと「いとこ」なんだそうです。

ってことはですよ?
少なからず才能って、やっぱ血によって受け継がれるものなんですね。。。
すごいですね。。。
お二方のおじいさんかおばあさんも絵心があったんだろうか。。。

感動するのとなんかへこむのと、、、
なんだろう。この感覚は。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙ってでかっ!

地球ガイドというサイトを紹介します。
こういうの、教育系サイトとでも言うんでしょうか。
何でも良いので、

1.地球は銀河系のどこにあるの?
2.地球と他の惑星はなにがちがうの?

の辺り、とりあえず見てみてください。

完成度の高さと、分かりやすい図説。
あーこの世の中ってそんなにもどでかいスケールだったんですね。
人間がちっぽけな存在?もう認めざるを得ません。。。

とてもよく出来たサイトですので、
是非是非見てみてください。

地球ガイド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »