アインシュタイン稲田くんに感じる希望と社会変革の実践的手法について

いま軽妙な漫才で聴衆をわかせるアインシュタイン稲田くんを見ている。そして思う。差別撲滅を志向した政治活動より、彼のほうがよほど社会を変えていないだろうかと。

差別撲滅デモを否定する意図はまったくないが、しかし、その活動がこの日本においてどれほど有効であったか。その実効性を鑑みる時、ぼくはどうしても懐疑心を抱かざるを得ない。そして聴衆を爆笑させる稲田くんにこそ希望を感じる。

彼は(自虐しているように)とても独特な風貌をしている。しかし、ともかくも漫才がとても面白いから、次第に存在全体としての自分を周りに受け入れさせてしまう。

社会変革とはなんであろうか。差別撲滅を叫ぶわきで、稲田くんは自分を社会に浸透させつつある。奇異の目を払拭しつつある。

社会を変えようとするのではなく、自分を認めさせてしまう。

それは結果的に社会変革の小さくも確実な一歩といえるのじゃないか。そしてもしそれを一人ひとりができたなら、社会から差別はなくなるのかもしれない。いや、差別を感じる人間の性質は一切変わらないのに、差別的な空気が減ってゆく。そこに実効性のある差別撲滅のヒントがあるのではないか。

そう思った。

差別の生みだす原因の一端が社会構造に確かにあり、だからそれを変えたいと考えることを無意味とは思わない。しかし、実際には誰が差別を越える希望を体現しているのかと言えば、それは稲田くんのように思える。

そもそも、周囲と違った存在に対して警戒心を抱いてしまうのは、人間にとって必要不可欠な危険察知能力の一種だ。そして、誰もが多かれすくなかれコンプレックスを抱えていて、そのコンプレックスは、自分が周囲に警戒されることへの恐怖のあらわれでもある。そういう人間のどうしようもない性質を無理に変えようとするより、ありのままの自分を認めさせてしまう(自分も仲間なのだと発信してしまう)ほうが早いのじゃないか。

そんな新たな視点を、稲田くんの生き方から教わったような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電子書籍にない本の利点「全体像が直感できるところ」

電子書籍の欠点は情報の総量を直感的に把握しづらいところかもしれない。

実体を持つ本であれば、その厚さや大きさ、重さによって全体の分量を瞬時に把握できる。それに比べれば、電子書籍は情報量や書籍内での位置関係を感覚的に把握しづらい。

この違いは結構大きい。

例えばGoogleマップを見る時、はじめから拡大された交差点を見せられても、自分の位置も目的地も特定できない。そういう時、少し引いて自分と目的地の位置関係を特定したくなるだろう。全体像が見えるところまで高度を上げ、また自由に拡大縮小を繰り返してゆく。情報を読み込む作業は、われわれが思ってる以上に物理空間上の体感にひもづけて行われている。

本であってもそれは変わらない。具体的な興味を抱くためにも、また理解を深めるためにも、まずは全体像が把握できなければならない。自分はどの程度の総量の情報にいま向き合っているのか。そのどのあたりの情報を読み込んでいるのか。そのヒントが電子書籍にはない。確かに目次はあるし、読み切るまでの参考時間も数値化されているが、本の実体が持つ視覚的・物質的な情報密度には到底かなわない。

逆にいえば、もしこのあたりの欠点を克服する電子書籍がでてきたら、「本」という媒体はいよいよ終わりかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Aimerと元気ロケッツの接点は作曲者

先日、AimerのONEが愛嬌ありすぎたまらんと発狂したんだけど、この曲のアレンジにどこか懐かしさを感じて少し調べてみたら、元気ロケッツにも楽曲提供している方でした。

百田留衣 - Wikipedia

元気ロケッツの例えばこれ。Smile。やっぱり大好き。

「Aimer - ONE」も前回はライブだったから薄まっていたけど、CD音源だとなお一層デジタル感が増すね。個人的にONEはライブ音源の塩梅が好きだなあ。

とりあえず百田さんの楽曲、元気ロケッツの方もめっちゃ良いのでいくつか貼っておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

記者会見は現代版ギロチンなのだな

日大アメフト部の記者会見を見て、これまで何度も繰り返されてきた記者会見と同様の違和感を感じていた。

メディアや記者はなぜこれほど正義の使者を気取り、疑似裁判のようなことをするのだろう。チャットでは野次馬と揶揄してあまりある視聴者が記者たちの詰問に熱狂している。「いいぞ、もっとやれ」と。

メディアや視聴者にまで経緯を説明せねばならない正統な理由などありはしないのに、なぜそれほど当然のようにして罪を背負った人間を血祭りにあげることをいとわないのだろう。

状況をしばらく静観していて、ひとつ腑に落ちたことがある。

これはフランスでいうところのギロチンなのだな。首を切り落とされる罪人をエンターテイメントとして消費していたあの状況が、日本においてはこのようにして現存していて、民衆のストレス発散にひと役買っている。

ずっと抱いてきた違和感の正体はそこにあったのだろう。閉塞した社会/権力者への鬱憤を和らげる装置が、こうして今日にも引き継がれている。

このあまりに不健全な状況は、だから民衆の憤懣がさらに高まって、記者会見(公開処刑)くらいではとても解消できなくなるまでつづくに違いない。末期になればなるほどますます下劣に苛烈になることもほぼ確実視できてしまう。そしていまはかなり末期の方だろう。

これから先、テレビ報道とそれを消費する「正義をかたる乱暴者」にはできる限り近づきたくないなと心の底から思う。


2018年5月26日追記

日大アメフト部に関して素晴らしい記事があったので追記。過去の大学による不祥事とそれに対する対応の違いを主軸に再発防止や教育機関としてのあり方を淡々と説いていくスタイル。再発防止に向けてメディアにできることにとても自覚的で、冷静に状況を捉えられてもいる。ジャーナリズムってこういうだよなあ。ありがたい。

日大はなぜ失敗したか。東大、早慶、関学…大学不祥事対応に見る成功例と失敗例|BUSINESS INSIDER

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Aimerの愛嬌にやられた

かなり遅いのかもしれないけれど、最近Aimerにハマっている。特にこのONEという曲。めちゃくちゃ愛嬌があります。大好きすぎる。

西野カナも愛嬌ある

で、気づいたんだけど、西野カナが好きだった理由も愛嬌なんだきっと。「愛嬌が大事」というのは女性の魅力としては鉄板といっていいけど、音楽にそれを見つけられたのはなんともいえない発見だった。

このカテゴライズ――あるいは抽象的な感性の自覚は、興味のアンテナが更に広がりそうな予感を感じる。これからは「愛嬌がある曲」で情報をマッピングしてゆける。

それはともかくとして西野カナはもはや声に愛嬌があるレベルじゃないか

愛嬌ある曲ってどれだよ

ああ、いきものがかりなら「キミがいる」はまさに愛嬌ある曲かも。

あと、阿部真央のロンリー。サビの愛嬌はんぱない。

あ、JUDY AND MARYとか。

行き過ぎると「ゆうゆ - -3℃」あたりまでいっちゃうのか。

つまりはおニャン子クラブはどうだろう。

いや、なんかちょっと方向性がおかしくなってきた。あまり見せてはいけないところが顔をのぞかせている。もう少しちゃんと掴みきるまで寝かせようかな。

ともかくAimer良い

ちなみに、Aimerではカタオモイもめちゃくちゃ良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«低質な質問に上質な回答を望む人々の無理解について